連載
» 2016年02月18日 05時00分 UPDATE

ITエンジニア職業図鑑(5):仕掛けを作る「戦略家」――ITマーケター (1/3)

プログラマー、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第5回は「ITマーケター」の仕事内容や適正を解説する。

[川村健一郎(野村総合研究所),@IT]
t_zukan.jpg
ITエンジニア図鑑

連載目次

IT業界就職ラボ「就ラボ」

 IT業界就職ラボ「就ラボ」は、IT業界への就職を希望する学生の就職活動を支援するサイトです。IT業界や職種の正しい知識を得てより良い選択をするためにお役立てください。


 一口に「ITエンジニア」と言っても、その仕事は職種によってさまざまだ。「ITエンジニア職業図鑑」は、「プログラマー」「SE(システムエンジニア)」「プロジェクトマネジャー」などのIT業界に存在するさまざまな職業を取り上げ、仕事内容や必要とされる能力、仕事のやりがいなどを紹介する。IT業界に興味のある学生諸君の職業選択の参考になれば、幸いだ。

 前回は「ITセールス」の1週間や人物像を紹介した。今回は、ITセールスが商品を売るための仕組みを考える「ITマーケター」の仕事を解説する。

ITマーケターとは

 企業の活動は、大きく次の三つのプロセスに分解できる。ITマーケターは主に1番目の「売るための仕組み・仕掛け作り」に関わる。

1. 商品/サービスを企画し、開発する

2. 顧客に商品/サービスを販売する

3. 顧客に商品/サービスを提供し、顧客のニーズを満たす

 市場や顧客の特徴を踏まえて、「どんな商品を」「幾らで」「どこで」「どのように」売るのかという「戦略」を組み立て、売り物として形にし、社内外に宣伝し、販売や自社のブランド向上などにつなげることが、ITマーケターの役割である。

ITマーケターのやりがい

 組み立てた戦略を基に、具体的な活動(戦術)が実行され、その結果、自社が収益/ブランド向上などの形で利益を得ると、ITマーケターはやりがいを感じる。時代や市場にマッチし、他社よりも優れた(あるいは他社よりも先行した)戦略であれば、より大きな達成感が得られる。

 ただしマーケティングの本質は、自社の利益だけでなく「自社と顧客の間にWin-Win(※)の関係を長く築く仕組み作り」だ。ITセールス同様、「顧客の利益や満足が、結果として自社の利益につながること」こそが、大きなやりがいになる。

※ Win-Win(ウィンウィン):双方が利益を得られる良好や関係のこと
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。