ニュース
» 2016年02月18日 17時15分 UPDATE

管理UIも刷新:Zabbix 3.0はクラウド運用監視の安全性を強化

オープンソースのシステム運用監視ソフトウェアの最新版「Zabbix 3.0」がリリースされた。通信を暗号化したことで、インターネット越しの監視を安全に行えるようになった。

[@IT]
zabbix_mh.gif Zabbix 3.0のリリースノート

 ラトビアのZabbixは2016年2月16日、オープンソースのシステム運用監視ソフトウェアの最新版「Zabbix 3.0」を公開した。通信の暗号化や予測検知機能の実装など、100項目以上の改善を施したという。

 Zabbixはサーバやネットワーク機器などを監視するためのソフトウェア。幅広いアーキテクチャに対応しており、数十万点に上る機器の状態や性能などを監視できる。GPL(GNU General Public License)のオープンソースソフトウェアとして配付されているため、商用/非商用にかかわらず、無償で利用できる。

 Zabbixは、Zabbixサーバ、Zabbixプロキシ、Zabbixエージェントの3つのモジュールに分かれており、各モジュールが通信することで監視を行うが、Zabbix3.0ではこれらの通信内容を暗号化した。これにより、ローカル環境とクラウド環境を横断的に一元監視する場合でも、安全に監視データを通信できる。

 新たに実装した予測検知機能は、障害の発生を予測して警告を発するもの。例えば、ストレージ機器の使用量を監視して、その増加速度を分析し、空き容量がなくなる時期を予測する。空き容量の推移をグラフ表示する他、あらかじめ指定した容量を下回ったときに通知することで重要な問題を予防できる。

 Zabbix 3.0ではWeb管理画面のデザインも一新した。作成したグラフやスクリーンなどを複数のユーザーで共有したり、ダッシュボードからトリガーのイベント情報を表示したりできる。

zabbix_ui_mh.gif Zabbix 3.0のWeb管理画面(出典:Zabbix)

 Zabbix 3.0は同社のWebサイトからダウンロードできる他、Red Hat Enterprise Linux/Cent OS/Oracle Linux向け(RPMパッケージ)、Debian向け(debパッケージまたはtarボール)、Ubuntu向け(debパッケージ)の3つのパッケージも用意されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。