ニュース
» 2016年02月18日 18時20分 UPDATE

多要素認証によるセキュリティ対策も:メインフレームにも「API連携」「ビッグデータ分析」「クラウド」を――IBM z Systemsの新製品

IBMがミッドレンジメインフレームサーバの新製品を発表。API連携やデータ分析、ハイブリッドクラウドなどに対応する。

[@IT]
(米IBMがFlickrで公開しているイメージ画像より)

 日本IBMは2016年2月17日、ミッドレンジメインフレームサーバの新製品「IBM z13」を発表した。2016年3月に出荷を開始する予定。既存の製品に比べて、データベースやセキュリティに関する処理性能を向上させ、新たにOSに多要素認証機能を組み込んだ。

 z13sの特長は、大きく分けて以下の3つ。

 1つ目は、IBMが戦略の1つに掲げている「APIエコノミー」に向けた機能。z13s上にある基幹データを、安全にモバイルアプリケーションなどと連携できるという。

 2つ目は、実装可能なメモリ容量を、既存の「IBM zEnterprise BC12(zBC12)」に比べて8倍に当たる最大4TBに増やした点。加えて、データベース処理専用エンジン「zIIP」を同時マルチスレッド(SMT)に対応させたことで、データベース処理性能を向上させているという。例えば、Apache SparkやCloudantを利用して、「データベースに格納されている顧客情報や購買履歴などとSNSデータや位置情報をリアルタイムに分析し、お勧め商品を提示する」といった分析処理を、z13sの外部にデータを送信せずに実行できるようになっている。

 3つ目は、ハイブリッドクラウドに向けて、セキュリティと信頼性を高めた点。IBM z Systemsが従来備えている「ハードウェアで暗号鍵を保持する機能」に加え、z13sでは暗号化と復号の処理をzBC12の2倍に高速化したという。さらにIBM z/OSで「IBM Multi-factor Authentication for z/OS(MFA)」による多要素認証を利用できるようにした。多要素認証を有効にすると、特権ユーザーがシステムにアクセスするときに、ランダムに生成されるトークンなどの入力が必要となり、セキュリティを高められるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。