ニュース
» 2016年02月19日 14時55分 UPDATE

cgoの変更も:プログラミング言語「Go」の安定版「1.6」が公開

Go言語の新バージョンが登場。HTTP/2がデフォルトに。

[@IT]

 米グーグルは2月17日(米国時間)、プログラミング言語「Go」の安定版をバージョン1.6にアップデートしたと発表した。Windows、OS X、Linuxに対応した実行ファイルを公式サイトからダウンロードできる。

go 1 Go 1.6の公開を伝える公式サイト

 前回のバージョン1.5のリリースから約半年後のアップデートになる。

 主な新機能としてはまず、net/httpパッケージでのHTTP/2対応が挙げられる。HTTPS採用のサーバとクライアントの双方で、HTTP/2(Hypertext Transfer Protocol Version 2)がデフォルトで有効になった。HTTP/2は、2015年に正式にRFC 7540として標準化された通信プロトコル。RFCによると、ネットワークリソースのより効率的な利用とレイテンシの削減が可能になる。

 また、templateパッケージが改善され、バージョン1.5で試験的に導入されたvendorディレクトリがデフォルトで有効になった。この他、cgoではGoとCのコード間でのポインタ受け渡しルールが変更になっている。変更内容はこちらのドキュメントで確認できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。