ニュース
» 2016年02月19日 16時54分 UPDATE

「IoTデザインセンター」を強化:ニフティがIoTシステム開発支援で米スタートアップ企業と提携

ニフティは、IoTサービス開発支援事業で米モードと提携したと発表した。

[@IT]

 ニフティは2016年2月18日、IoTサービス開発支援事業で米モードと提携したと発表した。インターネットやクラウドを組み合わせたIoTサービスを開発したいと考える企業に向けてニフティが提供するサービス「ニフティIoTデザインセンター」で、モードのIoTデバイス向けサービス「MODE」を活用する。

米モードは、元ツイッター、グーグルのエンジニアらによるスタートアップ企業(出典:米モードのWebサイト)

 MODEは、ハードウェアやプログラミング言語を問わない柔軟なアーキテクチャを採るクラウドプラットフォーム。IoTデバイスの開発から運用、管理、監視までに必要なツールを提供する。

 具体的には、例えば新規ユーザーの登録と認証機能を備えている。この機能を利用すれば、ユーザー登録/認証機能を独自に実装することなく、モバイル機器向けのアプリケーションに携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を利用したり、Webアプリケーションで電子メールアドレスとパスワードを組み合わせたりすることでユーザーを認証できる。グループによるアクセス制御機能も備えており、複数のユーザーで共有するコンテンツに対して、アクセス制御も可能だ。

 他にも、デバイス管理やデバイス所有管理など、IoT向けのシステムに必要な機能をあらかじめ備えている。デバイスのファームウェアやアプリケーションを開発する際には、MODEが提供するREST APIを利用し、任意のプログラム言語が使える。Webベースのシミュレーターも用意されており、テストやデバッグに利用可能だ。こうしたさまざまな機能によって、IoTデバイスを使ったシステムを短期間で構築でき、その運用コストを軽減するとしている。

 MODEの利用料金は接続するデバイスが20台までは無料で、接続台数が21台を超えると利用量に応じて課金される。

ニフティIoTデザインセンターが提供するサービス。IoTサービスを開発・提供したいと考える企業を専属エンジニアが支援する(出典:ニフティ)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。