ニュース
» 2016年02月24日 08時30分 UPDATE

Windows Serverユーザーの不安を晴らす:「安心してください。Windows Serverのサポートポリシーは変わりませんよ」とマイクロソフトが宣言

Windows 7/8.1のハードウェアサポートポリシー変更の騒動を受けて、Windows Server担当チームも声明を発表した。

[@IT]
windows10support_mh.gif Windows 7/8のサポートポリシー変更を伝えるブログ記事

 米マイクロソフトのWindows Server担当チームは2月19日(米国時間)、「Windows Serverに関するサポートポリシーを変更する計画はない」と宣言した。

 これは、同社が2016年1月に「Windows 7」および「Windows 8.1」(以下「Windows 7/8.1」)に関するサポートポリシーの変更を発表したことに起因するとみらている。

 この変更により、「Windows 7/8.1」のサポートライフサイクル自体は変わらないが、米インテルの第6世代Coreシリーズ(開発コードネーム:Skylake)を搭載する端末にインストールされたWindows 7/8.1に限ってはサポートが2017年7月17日までに前倒しになった。

 こうしたことから、マイクロソフトのWindows Serverチームにも「この数週間に『ハードウェアのサポートポリシーを変更するのではないか』という顧客からの問い合わせが相次いだ」という。

 マイクロソフトは、Windows Serverに関してはこのような変更はしないと説明する。

 Windows Serverのライフサイクルは基本的に、提供開始後5年間のメインストリームサポートと、その後5年間の延長サポートの合計10年間のサポートが提供されることになっている。例えば、2012年10月30日にリリースされた「Windows Server 2012 Standard」の場合、2018年1月9日にメインストリームサポートが終了し、2023年1月10日に延長サポートが終了する。

windows_blog_mh.gif Windows Serverのサポートポリシーに関するアナウンス

 Windows Server製品のライフサイクルについてはこちらのページで確認できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。