ニュース
» 2016年03月02日 08時05分 UPDATE

Ironicも統合:ミランティス、Libertyベースの「Mirantis OpenStack 8.0」を発表

米ミランティスおよびミランティスジャパンは2016年3月1日、同社のOpenStackディストリビューションの新版、「Mirantis OpenStack 8.0」を発表した。OpenStack Libertyをベースとした最新版で、安定性の強化に加え、Ironicサポートなどを提供している。

[@IT]

 米ミランティスおよびミランティスジャパンは2016年3月1日、OpenStack Libertyリリースをベースとした同社のOpenStackディストリビューションの最新版、「Mirantis OpenStack 8.0」を発表した。

 ミランティスは同社のディストリビューションが、最も安定性に優れたOpenStackディストリビューションであるとしてきたが、Libertyリリースで約1100のバグフィックスに貢献、加えて約300のバグフィックスを行ったのがMirantis OpenStack 8.0だといい、これによってさらに安定性が高まったと説明している。また、新たなパフォーマンステストスイートの導入が、さまざまなコンポーネントにおけるパフォーマンスの改善につながっているという。

 主な新機能および機能拡張には、下記がある。

  • 管理対象として、これまでのUbuntu KVMホストおよびVMwareホストに、Red Hat Enterprise Linux 7 KVMホストが加わった。
  • Mirantis OpenStack 8.0には、新たにベアメタルプロビジョニングのIronicが加わった。これはOpenStackインストール/テストツールのFuelと統合されている。Fuelはミランティスが主導してきたプロジェクト。170以上のFuelプラグインがコミュニティに提供されていて、Mirantis OpenStackではその多くをサポートしているという。
  • Kubernetesとの連携強化で、コンテナ環境のスケールアウトニーズに対応、IaaSを自動スケールできるようになった。Google Cloud Engineへの拡張もできるという。
  • アプリケーションカタログのMuranoでは、カタログコンテンツをCloud Foundryに露出できるようになった(同機能は技術プレビュー段階)。このため Cloud Foundryを使う開発者はMuranoを介して、アプリケーションを他のPaaSプラットフォームにも提供しやすくなった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。