ニュース
» 2016年03月10日 07時47分 UPDATE

Open Compute Summit 2016:米グーグルがOpen Compute Projectに参加すると発表

米グーグルは2016年3月9日(米国時間)、米フェイスブックが主導するOpen Compute Projectに参加すると発表した。まず48Vのラック設計を寄贈し、ディスクやサーバ/ネットワーク管理システムなど、他の部分でも貢献していくという。

[三木 泉,@IT]

 米グーグルは2016年3月9日(米国時間)、米フェイスブックが主導するOpen Compute Project(以下、OCP)に参加すると発表した。まず48Vのラック設計を寄贈し、ディスクやサーバ/ネットワーク管理システムなど、他の部分でも貢献していくという。

 グーグルのブログポストによると、当社のデータセンターで稼働するサーバのパフォーマンスと電源効率を両立させるため、同社は2010年に48Vラック電源供給設計の開発を始めたという。

 「当社の48Vアーキテクチャはそれ以降進化し、48Vを受けるサーバの設計、ラックレベルの48V リチウムイオンUPSシステムを含むものとなった。グーグルは過去数年間にわたり、48Vインフラを大規模に利用してきた。結果として、この設計の効果と信頼性に確信を持つようになった。(中略)OCPと協力して、この設計を標準化することにより、だれもがこの次世代電源アーキテクチャを採用し、グーグルと同様な電源効率およびコストメリットを得ることができる」

 グーグルはフェイスブックと、現在のOCPにおけるOpen Rackを拡張する仕様について共同作業を進めており、これをOCPに提供するつもりだという。

 ブログポストでは、グーグルのOCPにおける活動は、これに留まるものでないとしている。例えば同社はクラウドベースのアプリケーションに適したディスクソリューションについての検討を進めている。また、サーバやネットワークの管理システムについても貢献できる可能性があるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。