ニュース
» 2016年03月10日 14時10分 UPDATE

マルチウィンドウやJava 8対応なども:「Android N」の開発者向けプレビューが公開

米グーグルは、Androidの次期版「Nリリース」の開発者向けプレビューを公開した。

[@IT]

 米グーグルでエンジニアリング部門のバイスプレジデントを務めるDave Burke氏は、「Android Developers Blog」でAndroidの次期版「Nリリース」の開発者向けプレビューの公開を発表した。開発者からのフィードバックをより多く取り込めるよう、これまでよりもプレビューを大幅に早く公開したという。

android_blog_image.gif 「Android Developers Blog」

 Nリリースでの大きな改善点は、マルチウィンドウに対応した点である。当初はAndroid 6.0(Mリリース)で実装される予定だった機能だが、正式実装はNリリースに持ち越されていた。

 マルチウィンドウへの対応に向けて、Nリリース以降を対象としたアプリでは「android:resizableActivity」というマニフェスト属性が新たに利用可能になる。この属性を「true」に設定することで、画面分割モードでActivity(Androidの画面表示コンポーネントでアプリのウィンドウに相当)を表示できる。Activityの最低画素数も設定可能で、これを設定すると、ユーザーはActivityをそれ以下の大きさに変更できない。

android_window_mh.gif

 他にも、ダイレクトリプライ通知や通知のグループ化、省電力化機能の改善、Java 8への対応などが行われている。

 ダイレクトリプライ通知は、RemoteInput notification APIによるもので、これはもともとAndroid Wear向けに追加されたAPIである。ユーザーは通知を離脱することなく、受信したメッセージに返信できる。通知のグループ化は、同じアプリからの通知をグループ化できるようにする機能である。

 一方、省電力については、Android 6.0から実装されているDozeモードで、スクリーンオフ時のバッテリー消費も節約するように改善した。既にDozeモードに対応しているアプリならば、そのままNリリースでも動作する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。