ニュース
» 2016年03月11日 17時49分 UPDATE

コスト競争力をアピール:「Oracle Database」から「SQL Server」へ、マイクロソフトが無料乗り換えプログラム

マイクロソフトは、「Oracle Database」から「SQL Server」に移行する顧客に、SQL Serverライセンスを無償提供するなどの乗り換え促進プログラムを打ち出した。

[@IT]

 米マイクロソフトは2016年3月10日(米国時間)、米国ニューヨークで開催した次期データベースプラットフォーム「SQL Server 2016」の紹介イベント「Data Driven」で、「Oracle Database」からSQL Serverに移行する顧客に、SQL Serverの必要なライセンスを無料で提供すると発表した。

nade_mh.gif Data Driven 初日の基調講演で登壇する米マイクロソフト CEO サティア・ナデラ氏(出典:米マイクロソフト)

 この乗り換え促進プログラムのWebサイトによると、Oracle DatabaseからSQL Serverに移行する顧客は、無料のトレーニング(Oracle Database管理者向けのSQL Server Essentials)と移行支援サービスも受けられる。ただし、SQL Serverライセンスの提供を受けるには「ソフトウェアアシュアランス」を契約する必要がある。また、無料トレーニングおよび移行支援サービスが提供されるのは、2016年6月30日までとなっている。

panf_mh.gif 移行手順を示すパンフレット(出典:米マイクロソフト)

 マイクロソフトは乗り換え促進プログラムサイトで、「SQL Serverはセキュリティ、パフォーマンス、価格において業界をリードしている。並ぶものはないことを証明したい」としてSQL Serverへの移行を呼び掛けている。

ms_campaign.gif 乗り換え促進プログラムのWebサイト

 SQL Server 2016は、インメモリデータベースや「Always Encrypted」「Stretch Database」など、標準ライセンスで利用できる機能が多数用意されている。こうしたことからマイクロソフトでは、SQL Server 2016について「データベースのTCOの低さは業界随一」としており、乗り換え促進プログラムの説明パンフレットでも、「SQL Server 2016のTCOはOracle Databaseの10分の1未満」とアピールしている。

tco_mh.gif 米マイクロソフト Judson Althoff氏のセッション「Data Driven Keynote 4: Empowering the Data-Driven Journey」より

 一方のオラクルでは、先ごろOracle Databaseについて、グループ/部門内のビジネスアプリケーションに適したライセンスとして「Standard Edition 2(SE2)」を導入し、「Standard Edition(SE)」「Standard Edition One(SE One)」の販売を終了した。この変更はSE Oneユーザーにとって実質的な値上げになることから話題になっていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。