連載
» 2016年03月15日 05時00分 UPDATE

連載:Visual Studio+Apache Cordovaで始めるiOS/Androidアプリ開発:第1回 Apache Cordovaでできること (1/6)

Visual Studioは単なるWindowsアプリ開発ツールではない。本連載ではVisual Studioを使ってiOS/Androidアプリを開発する基礎知識を紹介していく。

[山本康彦,BluewaterSoft/Microsoft MVP for Windows Development]
連載:Visual Studio+Apache Cordovaで始めるiOS/Androidアプリ開発
業務アプリInsider/Insider.NET

powered by Insider.NET

「連載:Visual Studio+Apache Cordovaで始めるiOS/Androidアプリ開発」のインデックス

連載目次

 Visual Studio Tools for Apache Cordova(次の画像、以降「VS Tools for Cordova」)を使うと、iOS/AndroidそしてWindows/Windows Phoneのクロスプラットフォーム開発ができる。使い慣れたVisual Studioで、iOSとAndroidのアプリも簡単に開発できるのである。

 本連載は、VS Tools for Cordovaを使ったクロスプラットフォーム開発の入門である。iPhone/Android用のモバイルアプリを作ってみたいと思っている.NET開発者にうってつけだ。予備知識としては、Webページの作り方(HTML/CSS/JavaScript)がある程度分かっていればよい。筆者もiOS/Androidアプリ開発についてはさほど詳しくはないが、VS Tools for Cordovaを使うことで、比較的簡単にこれらを開発できることが実感できた。

 今回は、VS Tools for Cordovaをインストールして、実際にごく簡単なアプリを作ってみよう。

VS Tools for CordovaのWebサイト VS Tools for CordovaのWebサイト
Apache Cordova自体は、Apache Software Foundationが管理しているオープンソースの開発フレームワークだ。それをマイクロソフトがVisual Studioの拡張機能に仕立てて提供しているのがVS Tools for Cordovaである。
このページの[Visual Studio のダウンロード]と書かれた緑色のボタンをクリックすると、Visual Studio Community 2015のインストーラがダウンロードされる。

1. VS Tools for Cordovaでできること

 Webページ作成技術(HTML/CSS/JavaScript)を使って、次のプラットフォーム用のアプリを開発できる。

  • Android
  • iOS(iPhone/iPad)
  • Windows(Windows 8.x/Windows Phone 8.x/Windows 10搭載スマートフォン)

 具体的には、次のようなことが可能だ。

  • 1プロジェクトでのクロスプラットフォーム開発
  • JavaScriptでのプログラミング(TypeScriptも可)
  • エミュレータや実機を使って、Visual Studioでデバッグ
  • ストアへ提出するためのパッケージの作成(iOSを除く)

 残念ながらVS Tools for Cordova単体では、次のようなことはできない。

 なお、公式のドキュメントは次のWebサイトにある。

 次ページではVS Tools for Cordovaのインストール手順を説明する。既にインストール済みの方は「プロジェクトを作って実行してみよう」に進んでもよい。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。