ニュース
» 2016年03月15日 13時35分 UPDATE

暗号化方式も強化:デル、LyncやSkypeにも対応するVDI構築ソリューションを提供開始

デルはXenDesktop向けに2種類のソリューションを提供する。通信暗号化方式を強化した他、LyncやSkype、他社製ビデオ会議システムにも参加できるという。

[@IT]

 デルは2016年3月14日、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)向けにシンクライアントソフトウェアの最新版「Wyse ThinOS 8.2」と、VDIアプライアンス「Dell Appliance for Wyse − Citrix」の最新版の2つのソリューションの提供を開始した。

 Wyse ThinOSは、仮想デスクトップソリューションに最適化されたシンクライアントソフトウェア。最新版では「Microsoft Skype for Business」や「Lync 2010/2013」に対応する「Citrix HDX RealTime Optimization Pack 1.8」が利用できる。Skype for BusinessやLyncのユーザーだけでなく、規格が異なるビデオ会議システムや電話会議にも参加できるという。また、暗号化方式をAES採用のTLS(Transport Layer Security) 1.2対応にアップデートし、セキュリティを高めている。

 一方のDell Appliance for Wyse − Citrixは、2Uサイズのモジュールにシトリックス製VDI環境の構築に必要なサーバやストレージ装置、ネットワーク機器を統合したアプライアンス製品。Citrix XenDesktopを使用することで、最大5000ユーザーまで拡張可能。それ以上のユーザー数を抱える大企業でもVDI環境の実証用途や、大規模導入に先駆けたパイロット環境の構築などで利用できる。1ユーザー当たりのコストは、XenDesktop共有セッションで5〜6万円、従来型の仮想デスクトップで6〜7万円程度だとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。