ニュース
» 2016年03月17日 14時56分 UPDATE

20以上の業界標準コードに対応:Salesforceで利用できるバーコードコンポーネント、グレープシティが発売

グレープシティは、米セールスフォース・ドットコムのアプリケーション開発フレームワークで利用できるバーコード生成コンポーネントの販売を開始した。

[@IT]

 グレープシティは2016年3月16日、米セールスフォース・ドットコムが提供するアプリケーション開発フレームワーク「Visualforce」と「Lightning」で利用できるバーコード生成コンポーネント「GrapeCity Barcode for Salesforce」の販売を開始すると発表した。

 グレープシティはセールスフォース・ドットコムとISVFORCEパートナー契約を締結しており、今後、開発プラットフォーム「App Cloud」で利用できるコンポーネントや、「Sales Cloud」などの各種サービスで利用できるソフトウェアを「GrapeCity for Salesforce」ブランドで順次提供するという。2016年中には、マイクロソフトの「Excel」と同等の操作性をSalesforceプラットフォーム上で実現するスプレッドシートを発売する予定だとしている。

grape.gif GrapeCity Barcode for Salesforceの機能イメージ

 GrapeCity Barcodeは、QRコードの他、物流共通シンボル「ITF」や国内共通商品コード「JAN」、国際標準のGS1データバー、郵便事業で使われるカスタマバーコードなど、20種類以上に対応する。また、セールスフォース・ドットコムが提供するモバイルアプリ「Salesforce1」に、バーコードの読み取り機能を実装することもできる。これを利用すると、例えばスマートフォンのカメラでバーコードを読み取り、そのデータをSalesforceに送信する、といった処理が可能になる。

grape_bar.gif Salesforce1でのバーコード読み取り機能イメージ

 価格は、1ユーザー当たり月額900円(税別)。既にセールスフォース・ドットコムの「AppExchange」で公開されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。