ニュース
» 2016年03月17日 15時53分 UPDATE

SAPシステムのクラウド展開を強化:クニエがSAPと協業、SAP HANA Cloud Platformへの移行、活用を支援

クニエは、SAP HANA Cloud Platformの拡販についてSAPジャパンと協業し、総合コンサルティングサービスの提供を開始する。

[@IT]
release_mh_image.gif プレスリリース

 クニエとSAPジャパンは2016年3月16日、SAP HANA Cloud Platformの拡販について協業すると発表した。

 クニエはSAP HANA Cloud Platformの活用に関して、TCOツールの構築や「SAP Fiori」を使ったポータルの開発の他、SAP S/4HANAの拡張開発検証実験などの経験を持つ。こうした実績を基に、SAP HANA Cloud Platformに関する総合コンサルティングサービスの提供を開始する。

 SAPジャパンは、クニエの総合コンサルティングサービスに対して、技術情報を提供し、特定の顧客に対する戦略的な協業や共同マーケティング活動を行う。

 クニエが提供するコンサルティングサービスは、具体的にはグランドデザインやユーザーインタフェース(UI)設計、アプリ拡張開発、モバイルアプリケーション構築支援の4種類。

 それぞれ、システム全体の構成やロードマップの策定、HTML5開発フレームワークを利用したUIの設計、オンプレミスのSAPシステムをクラウドシステムへと拡張開発する際の支援、オンラインとオフラインをシームレスに利用可能なモバイルアプリの開発支援を提供する。

 UIの設計については、SAPが提供するモックアップツール「Splash/Build」の他、SAP HANA Cloud Platformに実装されているHTML5開発フレームワーク「SAPUI5」やSAP Fioriを利用する。モバイルアプリの開発支援時にも、Fioriを利用したUIを提供する。

sap_splash.gif SAP Splash/Buildの画面例(出典:SAP)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。