連載
» 2016年03月18日 05時00分 UPDATE

セキュリティのアレ(17):人や社会の“脆弱性”を突く「ソーシャルエンジニアリング」から身を守るためには

セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第17回のテーマは「ソーシャルエンジニアリング」です。“なりすまし電話”や“ゴミあさり”など、何でもありなこの攻撃から身を守るすべはあるのでしょうか?

[根岸征史(インターネット イニシアティブ), 辻 伸弘(ソフトバンク・テクノロジー株式会社), 宮田健,@IT]
are_bar.jpg この連載に関するご意見・ご感想・ご質問などはこちらまで!
Twitterハッシュタグ
#セキュリティのアレ

え、そんな簡単にパスワードリセットできちゃうの?

 セキュリティ専門家が時事ネタを語る「セキュリティのアレ」。今回のテーマはITを使わずにパスワードなどの情報を盗み出してしまう「ソーシャルエンジニアリング」です。2015年に「米国CIA長官のメールアドレスがのっとられる」事件がありましたが、ここで用いられたのはベライゾン社員を装った“電話”によるソーシャルエンジニアリングでした。自分の全く知らないところで誰かが自分になりすまして、情報を盗み取っているかもしれない。そんな攻撃への防衛策はあるのでしょうか。

 前回に引き続き、根岸征史氏と辻伸弘氏が解説します。また、本連載に関するご意見、ご感想はTwitterハッシュタグ「#セキュリティのアレ」にて受け付けています。

are_banner.jpg 画像クリックで連載トップページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。