連載
» 2016年03月22日 05時00分 UPDATE

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:第500話 2段階認証

攻撃者からどう身を守るか。コンピュータセキュリティはいたちごっこ。まずは2段階認証で防御能力アーーーップ!

[小川誉久(デジタルアドバンテージ), 正木茶丸,共著]
4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」連載目次へ 構成:小川誉久
画:正木茶丸
がんばれ!アドミンくん 第500話 2段階認証 (1)アドミンくんの会社のオフィス。休憩時間に白鳥さん、赤田さん、黒岩部長が立ち話をしている。そこへやってきたアドミンくんと下山。皆にさらなる安全対策をお願いする。 アドミンくん(いたってマジメに)「セキュリティ強化のために2段階認証の利用をお願いします」 白鳥さん、黒岩(面倒臭そうに)「えー、面倒だなぁ」 下山(いたってマジメに)「時代とともに安全対策は強化が必要なんですよ」 (2)ところ変わってアドミンくんの机。パソコンに向かい、机に置いたスマートフォンを見ながら暗証番号をパソコンに打ち込むアドミンくん。アドミンくんは普通の表情。「いま」は2段階認証(パソコンが「1段階」目でスマートフォンが「2段階」目)。 (3)同じくアドミンくんの机。パソコンとスマートフォンは同じく机に置いたまま。腕時計型コンピュータを見ながら、暗証番号をパソコンに入れるアドミンくん。ちょっと面倒臭そう。このように「ちょっと未来」は3段階認証になる(パソコンが「1段階」目、スマートフォンが「2段階」目、そして腕時計型コンピュータが「3段階」目)。 (4)同じくアドミンくんの机。パソコン、スマートフォン、腕時計型コンピュータの他、メガネ型コンピュータも身に着けているアドミンくん。メガネ型コンピュータのディスプレイを見ながら、暗証番号をパソコンに入れるアドミンくん。かなり面倒臭そう。このように「さらに未来」は4段階認証になる(パソコンが「1段階」目、スマートフォンが「2段階」目、そして腕時計型コンピュータが「3段階」目、メガネ型コンピュータが「4段階」目)。 (2016/03/22 公開)



●4コマまんが「がんばれ、アドミンくん!」原案募集中

 あなたのアイデアがマンガになる! →詳しくはこちらから



Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。