ニュース
» 2016年03月22日 16時00分 UPDATE

データベースアプリ、CAD/CAM環境も視野に:物理サーバよりも高速化が期待できる「Red Hat Enterprise Virtualization 3.6」

米レッドハットは、KVMを基に開発した仮想化ソリューションの最新版「Red Hat Enterprise Virtualization 3.6」の提供を開始する。vCenterと直接接続できる他、PCIデバイスアサインメント機能が盛り込まれている。

[@IT]

 米レッドハットは2016年3月10日、Kernel-based Virtual Machine (KVM)を基に開発した仮想化ソリューションの最新版「Red Hat Enterprise Virtualization 3.6」の提供を発表した。新版では処理性能を改善した他、仮想マシンの拡張性を高め、VMware環境からの移行が容易になっているという。さらに、レッドハットのクラウド管理プラットフォーム「Red Hat CloudForms」と統合することで、複数の仮想化環境やアプリケーションコンテナイメージ、物理サーバなど、異種混合環境を一元的に管理できるようになるとしている。

 処理性能に関しては、「SPECvirt 2013」によるベンチマークテストの結果、既存の仮想化ソリューションと比べて36%高い結果が出たとしている。さらに、「PCIデバイスアサインメント機能」によって、物理サーバで運用したときに近い処理性能が得られるという。性能が高まったことで、SAP ERPやOracle Databaseなどの大規模なデータベース管理システムの運用や、数値計算、あるいはCAD/CAMなどのような高いグラフィックス処理性能が必要なアプリケーションを、物理サーバから仮想化環境に移行しやすくなったとしている。

 拡張性に関しては、新たにメモリのホットプラグに対応した。実行中のアプリケーションを止めることなく、仮想マシンに割り当てるメモリ容量を変更できる。

 他の仮想化ソリューションの仮想マシンをRed Hat Enterprise Virtualization向けに変換するツール「virt-v2v」では、VMwareの仮想マシンを数クリックで移行できるようになっている(なおvirt-v2vは、VMwareに限らずXenとKVMの仮想マシンも変換できる)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。