ニュース
» 2016年03月24日 16時58分 UPDATE

マーケットプレースやアプリ構築支援も:バスの安全管理は変わるか? SAPジャパン、コネクテッドカー向けサービスを日本国内でも開始

SAPジャパンは、クラウド型の車両分析アプリケーション「SAP Vehicle Insights」を日本市場で提供開始すると発表した。

[@IT]

 SAPジャパンは2016年3月23日、クラウド型の車両分析アプリケーション「SAP Vehicle Insights」を日本市場で限定的に提供開始すると発表した。同時に、コネクテッドカービジネスを展開する企業に向けたマーケットプレース「SAP Vehicles Network」の実証実験を日本国内で進めることも明らかにした。どちらも「SAP HANA Cloud Platform」上に構築されたもので、自動車関連サービスを提供する企業に向けたプラットフォームである。

 SAP Vehicle Insightsでは、自動車の故障診断における国際規格である「OBD2(On Board Diagnosis second generation)」などに準拠した車載端末のデータをリアルタイムで取得、分析することで、事故防止や顧客サービスの充実に利用できるという。例えば、実際の走行ルートや速度といった運行状況、燃料の残量やタイヤの空気圧といった車両状況を車載端末から取得して分析したり、独自の機能を追加したりすることも可能だ。一般提供開始は、2016年第2四半期(4〜6月期)の予定。

sap_docmentmh.gif SAP Vehicle Insightsのソリューションサマリー(出典:SAP)

 なおSAPジャパンでは、SAP Vehicle Insights活用の第一弾として、バスの運転状況を監視するシステム「Bus Safety Network」を開発し、現在、複数のバス事業者と実証実験を進めている。このシステムでは、バスの現在位置や速度、急ブレーキなどをリアルタイムに取得し、運行状況を常に把握できるため、事故を未然に防止するのにも役立つという。

 マーケットプレースのSAP Vehicles Networkは、自動車メーカーの他、ガソリンスタンドや駐車場事業者、広告代理店、保険会社など、コネクテッドカーに関連したビジネスを展開する企業を対象としており、これら対象企業の顧客である運転者に向けたアプリケーション構築のためのサービスも取りそろえる。

 SAP Vehicles Networkのアプリケーション構築サービスを利用することで、「給油操作の開始」「給油代金の支払い」「駐車場の予約」「駐車場施設のゲートの開閉」「駐車料金の支払い」などに利用できるアプリケーションも開発できるという。

sapimage_mh.gif 給油に関する情報取得の他、決済サービスとの連携も可能(出典:米SAP公式動画)

 同マーケットプレースは、既に北米と欧州で限定的な提供を開始している。日本では、2016年中に実証実験を進める予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。