ニュース
» 2016年03月25日 14時48分 UPDATE

投資意欲は旺盛ながらも、全社展開には「時間がかかる」:国内の「第3のプラットフォーム」市場、成長率は?

IDCジャパンは、国内第3のプラットフォーム市場について、産業分野別と従業員規模別の予測を発表した。

[@IT]

 IDCジャパンは2016年3月23日、国内の「第3のプラットフォーム」市場について、産業分野別と従業員規模別の予測を発表した。今回の発表内容は、IDCジャパンが産業分野別に第3のプラットフォームに関する支出規模について、2014年の実績と2015〜2019年の予測をまとめたレポート『国内第3のプラットフォーム市場 産業分野別予測、2016年〜2019年』(JPJ40589415)の一部。

 第3のプラットフォームとは、「モバイル」「ソーシャル」「ビッグデータ」「クラウド」の4要素で構成されるIT領域を指してIDCが命名したもの。「第1のプラットフォーム」に相当するメインフレームと端末、「第2のプラットフォーム」のクライアント/サーバシステムに続く、新たなITプラットフォームと定義されている。同社では現在を、第3のプラットフォームの「創成期」であるとしている。

 同社の予測によると、2016年の国内第3のプラットフォーム市場は対前年比7.0%増で、国内IT市場の1.4%増や国内ICT市場の0.4%増よりも高い成長率を見込む。産業分野別では、小売業界や組立製造業などの成長率が顕著である。企業規模別では、大企業を中心に成長率が高い。

 2014〜2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)でも5.0%となり、国内IT市場の1.1%や国内ICT市場の−0.1%を大きく上回る。金額では、2019年には約9兆9758億円に達すると予測する。

idc_mhimage.gif

 これをけん引するのは、予測期間の前半では消費者向けのモビリティに加え、それを活用するためのソーシャルやクラウド、期間後半ではビッグデータになるとみられる。ただし国内企業の6割以上が、第3のプラットフォームを全社に展開するにはまだ時間がかかると見ている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。