ニュース
» 2016年03月25日 17時29分 UPDATE

Mac/Windowsの仮想化機能を使って動作を高速化、安定化:Docker環境をMac/Windowsで簡単に構築できるツール、限定βプログラムが公開

Dockerは、Docker環境を簡単に構築できる「Docker for Mac」「Docker for Windows」のβ版の限定配布を開始した。

[@IT]

 米Dockerは2016年3月24日(米国時間)、「Docker for Mac」と「Docker for Windows」のβ版の限定配布を開始したと公式ブログで発表した。それぞれMac、Windowsでアプリケーションを構築、配布するための統合環境で、Dockerによると、Docker環境を簡単に構築するための既存ツール「Docker Toolbox」と比べて大幅に改良されているという。

docker_mh.gif βプログラムの申し込みページ

 従来、MacやWindowsでDockerを使用するには、「VirtualBox」などで構築した仮想化環境上で64ビット版Linuxを動作させ、その上でDockerエンジン(Dockerコンテナの実行モジュール)を実行しなければならなかった。Docker for MacとDocker for Windowsの最大の特徴は、Linux環境を必要としない点にある。

 Docker for MacやDocker for Windowsでは、OS Xのxhyve Virtual MachineあるいはWindowsのHyper-V上で動作するLinuxディストリビューション「Alpine」の中でDockerエンジンを実行する。このため、従来の方法と比較してDocker環境がより高速になり、信頼性も向上するという。

 また、Docker for MacはMacアプリケーション、Docker for WindowsはWindowsアプリケーションであり、ネイティブなユーザーインタフェースと自動更新機能を備えている。いずれもDockerコマンドライン、Docker Compose、Docker NotaryコマンドラインといったDockerツールセットがバンドルされている。

 さらに、ボリュームをマウントすることで、“インコンテナ”開発の編集/テストサイクルが可能な他、Docker for Mac、Docker for Windowsともにコンテナ用DNS(Domain Name System)サーバを搭載しており、OS XおよびWindowsのネットワークシステムに統合できる。

 Docker for MacとDocker for Windowsを利用するにはプライベートβプログラムに申し込む必要がある。Dockerでは、今後、β版の配布対象者を段階的に増やしていくとしている。

 Dockerによると、現在はDocker for Macの方がDocker for Windowsよりも開発が進んでいるが、両者は最終的には同じ機能を提供するようになるという。なお、Docker for Windowsは現時点では、Hyper-VをサポートするWindows 10にのみ対応している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。