ニュース
» 2016年03月28日 18時28分 UPDATE

オラクルのクラウドインフラを自社DCに置く:「Oracle Cloud」完全互換スタック付きフルマネージド「Oracle Cloud at Customer」

オラクルは、「Oracle Cloud」と100%互換性のあるスタックを企業が自社データセンターで利用できるようにするフルマネージドサービス「Oracle Cloud at Customer」を発表した。

[@IT]

 米オラクルは2016年3月24日(米国時間)、クラウド導入の大きな障害を取り除き、企業がクラウドに簡単に移行できるようにする新しいサービスファミリー「Oracle Cloud at Customer」を発表した。

 Oracle Cloud at Customerは、SaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)にわたってサービスを提供するパブリッククラウド「Oracle Cloud」と100%互換性のあるソフトウェアスタックを、企業がオンプレミスのデータセンターで利用できるようにするフルマネージドサービス。米オラクルによると、こうしたサービスの提供は、大手のパブリッククラウドベンダーとしては初めてだという。

 ワークロードをパブリッククラウドに移行したいと考えながらも、ビジネスや法律、規制上の要件から断念せざるを得ない企業が多いが、Oracle Cloud at Customerでは「自社のデータセンターでオラクルのパブリッククラウドサービスのメリット(アジリティ、シンプルさ、パフォーマンス、弾力的なスケーリング、サブスクリプション料金など)を全て享受できる」と、オラクルは述べている。

 さらに、Oracle Cloud at Customerで提供されるソフトウェアはOracle Cloudとシームレスであるため、ユーザーはディザスターリカバリーや、負荷が高まった際にクラウドリソースを追加する「クラウドバースティング」、開発/テスト、「リフト&シフト」のワークロード移行など、さまざまなユースケースに使用できる他、単一のAPIとスクリプトツールキットを使ってDevOpsを実践できるとしている。また、Oracle Cloud at Customerはフルマネージドであるため、Oracle Cloudサービスと同様の操作感や最新のイノベーション、メリットが得られるという。

 Oracle Cloud at Customerは現在、インフラ、データ管理、アプリケーション開発、エンタープライズ統合、管理の分野でサービスが提供されており、各分野でサービスが拡充されていく予定だ。

  さらに、オラクルは同日、ここ数カ月間にビッグデータ、ソーシャル、モバイルといったビジネス変革の最新の流れに対応して新しいOracle Cloudサービスをリリースし、クラウドポートフォリオを拡大したことも発表した。

 企業はこれらの新サービスをOracle Cloudでも、Oracle Cloud at Customerを通じて自社のデータセンターでも展開できる。こうした新しいOracle Cloudサービスのリリースにより、多様な業務アプリケーションを網羅する「Oracle Cloud Applications」、PaaSの「Oracle Cloud Platform」、IaaSの「Oracle Cloud Infrastructure as a Service」のラインアップが強化された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。