ニュース
» 2016年03月29日 16時43分 UPDATE

S3 APIを使ったストレージのハイブリッド運用を後押し:S3互換APIの接続検証環境を30日間無償提供、クラウディアン

クラウディアンは、同社のオブジェクトストレージ製品とAmazon S3 APIに対応するアプリケーションとの接続検証プログラムを開始する。

[@IT]

 クラウディアンは同社の「CLOUDIAN HyperStore」と「Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)」のAPIに対応するアプリケーションとの接続検証プログラムを2016年4月1日から開始する。

 CLOUDIAN HyperStoreは、Amazon S3に準拠したAPIを持つスケールアウト型オブジェクトストレージソフトウェア「Cloudian」を搭載したアプライアンス製品。分散型のデータ保護機能の他、複数のサーバやデータセンター間でデータの自動複製や分散配置を可能にする。

cloudian_api_mhimage.gif CLOUDIAN HyperStoreが対応するAmazon S3 API(本稿掲載時点、出典:クラウディアン)

 エンタープライズのデータ保存では、機密文書などはオンプレミスのストレージシステムに、それ以外の文書はパブリッククラウドのストレージシステムにと、種類や目的によってデータの保存場所を使い分けたい場合が少なくない。同じアプリケーションでこの要求に応えるには、従来、独自に環境を構築してテストする必要があった。

 この接続検証プログラムでは、Amazon S3 APIを利用するアプリケーションからクラウディアンのラボ環境に設置したCLOUDIAN HyperStoreストレージシステムにインターネットを介して30日間無償で接続でき、全てのAPIの動作を検証できる。ユーザーは接続テスト用の環境を独自に構築する必要がないため、検証費用と時間を削減できる利点がある。

cloudianimage_mh.gif 接続検証プログラムの提供イメージ(出典:クラウディアン)

 なお、CLOUDIAN HyperStoreには、今回発表されたAmazon S3 APIを利用するアプリケーションの接続検証プログラムの他、ユーザーが所有するサーバやデータセンターで検証するための「評価用ライセンス」も用意するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。