ニュース
» 2016年04月01日 11時30分 UPDATE

NFVもvEPCを皮切りに市場拡大のきざし:国内SDN/NFV市場は2020年まで高い成長を予測

IDCジャパンは、SDN(Software-Defined Network)とNFV(Network Functions Virtualization)に関する国内市場予測を発表した。

[@IT]

 IDCジャパンは2016年3月29日、SDN(Software-Defined Network)とNFV(Network Functions Virtualization)に関する国内市場予測を発表した。それによると、2015年の国内SDN市場は201億円に上り、同社は「当初描かれていたSDNの万能性という幻想から現実的な導入への歩みを始めた」としている。

 SDN市場は、データセンター向けが最も先行している。2015年は本稼働環境への導入が進んだことから同社では「第1の収穫期」と位置付けており、市場規模は121億7900万円と、2014年を上回る成長率で拡大した。データセンター向けSDN市場は引き続き適用領域が広がりつつあり、2015〜2020年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は38.5%と、高い成長を続けると予測する。

idc_mhimage.gif 2015〜2020年のSDN市場の予測(出典:IDCジャパン)

 これに対して企業ネットワーク向けのSDN市場は、2015〜2020年のCAGRが41.6%になると予測する。こうした高い成長率の要因としては、シスコシステムズやアライドテレシスなどのネットワークベンダーが、企業ネットワーク向けSDNソリューションを本格的に展開したことが挙げられるという。

 国内NFV市場は、2016年以降に本格的な立ち上がりが見込まれると見ている。その要因は、モバイルパケットコアの仮想化(virtualized Evolved Packet Core:vEPC)だ。vEPCが同市場の先導役になり、2015〜2020年のCAGRは53.9%になると予測する。特に、2020年にサービス開始が予定されている5G通信に向けた設備投資が2019年ごろから始まるとみられ、成長が加速するとIDCジャパンでは予測している。

 同社では、NTTが2015年に発表した将来の通信ネットワーク技術開発に関するコンセプト「NetroSphere構想」のように、自由度の高い次世代ネットワークには、NFVやSDN技術を活用する必要があり、通信事業者ネットワークにとって仮想化の動きは不可避だという。

 IDCジャパンでコミュニケーションズグループマネージャーを務める草野賢一氏は、「通信事業者向けベンダーはNFV化に積極的に取り組むべきである。汎用プラットフォームでは通信事業者が求める性能や信頼性を担保できないといった、仮想化に取り組まない理由はいったん捨てるべきである。汎用プラットフォームをどれだけ有効に活用できるかが、これからのベンダー間の成否を分けるポイントになる」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。