ニュース
» 2016年04月05日 10時00分 UPDATE

統合認証プラットフォーム 「ThemiStruct Identity Platform」 AWS版を発表:IoT、FinTech時代、「売れるサービスサイト」に不可欠な機能をクラウドで提供――オージス総研

[PR/@IT]

【編集長】内野の視点――成功するITサービスに共通する「2つの要件」

ma_uchino.jpg @IT編集長 内野宏信
@IT情報マネジメント時代から、「ビジネスとITの連携」をテーマに開発・運用のトレンドを多数取材。SystemDesignフォーラム担当

 Webやモバイルが社会に深く浸透した現在、ショッピングサイトや会員制サイトなどのITサービスは、企業の収益・ブランドを左右する重要な顧客接点となっています。特に昨今のIoT、FinTechトレンドの本格化に伴い、より使いやすく、より便利な機能を備えたサービスが強く求められるようになりました。とりわけFinTechにおいては、SNSなども含め、他社サービスとAPI連携することで、これまで考えられなかったようなサービスを創出して顧客を囲い込む“API経済圏”も注目されています。

 ただ、金銭取引や個人情報などが絡むITサービスにおいて、最大のポイントとなるのが「セキュリティをどう担保するか」という問題。いくら安全性を担保しても、利便性を損ねるようでは機会損失に直結してしまうためです。この点で「使い勝手を阻害しないユーザー認証の設計」が“売れるサービス”を作る大きなカギとなります。また一方で、現在は「何が当たるか分からない」時代。こうした中でサービスを成長させるためには、会員数の急激な増加、トラフィックの増減などに耐え、認証機能も含めて快適にサービスを提供できることが大前提。すなわち、認証機能には「安全性と利便性の両立」「トラフィック増減に対応できる柔軟性」が高いレベルで求められるわけです。

 本リリースの場合も「複数のサービス間でユーザー情報連携を実現し、シングルサインオン環境と会員ID管理機能を提供する」として、「安全性と利便性の両立」というポイントをしっかりと押さえています。加えて注目すべきは、AWSを基盤とした「サービス」として提供すること。「アクセス集中に合わせて、自由にかつ自動でコンピュータリソースの拡張・縮小を行える」ため、自社で行うことはなかなか難しい「トラフィック増減に耐えて安定運用する」というサービス成長の前提条件を大幅にクリアできることになります。いつでも導入/拡張/撤退できるクラウドサービスならではのメリットも、コスト効率よくサービス成長を狙う上で心強い味方になるのではないでしょうか。


B2C向けサービスサイトに最適な統合認証プラットフォーム 「ThemiStruct(テミストラクト)Identity Platform」 AWS対応版 を提供開始


 株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:西岡信也、以下オージス総研)は、ショッピングサイトや会員サイトなどB2C向けサービスサイトに最適な統合認証プラットフォーム「ThemiStruct(テミストラクト)Identity Platform」のAWS対応版を3月30日より提供開始いたしました。

 当社は、従業員の利便性向上とセキュリティ強化を目的としたオンプレミス型の認証ソリューションを大阪ガスグループをはじめ多くのお客さまへ提供してきました。昨今、クラウド活用や顧客向けサービスが活発化する中で認証基盤はより重要度を増し、多数のアプリケーションとの連携容易性やピーク性のある大量のアクセスへの対応が求められています。こうした中、大阪ガスの会員向けサービスサイトであるマイ大阪ガスほかB2C向けサービスにおける認証基盤構築の知見に加え、高いレベルの可用性と拡張性を持つAWSを基盤とすることによりIoT時代にも対応するスケーラブルかつ高い信頼性を誇る統合認証プラットフォームを実現しました。サービス事業者を中心に展開し初年度2億円の売り上げを見込んでいます。

 当社は、統合認証プラットフォームにおける強固な基盤と柔軟な対応力を実現するためにAWSを活用し持続可能、再生可能なシステムを提供し続けます。

サービスの概要

 ThemiStruct Identity Platformは、会員サイトやショッピングサイトなど複数のサービス間でのユーザ情報連携を実現し、シングルサインオン環境と会員ID管理機能を提供します。

ogis01.jpg

 世界的に標準化された技術規格に準拠したインターフェイス(API:Application Programming Interface)をサポートし、様々なサイトとのID連携を容易に実現します。柔軟性とセキュリティにおいて現時点で最高レベルのコンピューティング環境を持つAWSの活用により、導入時におけるキャパシティやアベイラビリティプラニングから解放され、これまで数か月かかっていたインフラストラクチャの構築がわずか1時間(※)で完了します。

※標準仕様での導入の場合。

ogis03.jpg

サービスの特長

認証システムの短期導入が可能

 ThemiStruct Identity Platformはクラウド上に設置され、短期間で従業員、カスタマー、ビジネスパートナーに認証サービスを提供できます。また、APIを利用し既設サイトへの組み込みも容易です。

ogis02.jpg

事業成長に合わせたスケーリング、突発的アクセス集中への対応

 事業環境の変化や突発的なアクセスの集中に合わせて、自由にかつ自動でコンピュータリソースの拡張・縮小を行えます。

ソーシャルログイン連携

 ソーシャルログイン連携によりFacebookやGoogleのIDを活用、ユーザ登録のハードルを下げることでサイトのユーザビリティ、コンバージョン率を向上させます。

アクセスセキュリティ強化

 パスワード認証、ワンタイムパスワードに加えて、電子証明書、インベントリ認証など多要素認証方式をサポート。サイトのアクセスセキュリティを強化できます。

ソリューション名 ThemiStruct(テミストラクト)Identity Platform AWS対応版
提供開始日 2016年3月30日
価格 360万円/年〜(税抜)
URL http://www.ogis-ri.co.jp/pickup/themistruct/index.html

エンドースメント

なお、このたびの発表にあたり、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社からエンドースメントを頂いています。

株式会社オージス総研について

1983年に大阪ガスの子会社として設立されたオージス総研は、特定のベンダーや製品に偏らないオープンな立場で総合的なITソリューションを提供しています。先進的なIT技術を取り入れたソリューションの分野では、オープンソースソフトウェアの活用・オブジェクト指向技術・クラウドサービス関連技術・アジャイル開発技術など、また、運用系ソリューションの分野ではデータセンターの運用やそれをベースにしたクラウドサービス、さらに、ITコンサルティングや教育・研修など多様なソリューション分野を総合的に提供しています。国内だけではなく、グローバル視点で、最適な地域での開発、デリバリーを目指します。


本プレスリリースに関するお問い合わせ先:

株式会社オージス総研 サービス事業本部ビジネス企画部

〒108-6013 東京都港区港南2丁目15番1号 品川インターシティA棟

TEL 03-6712-1220  FAX 03-6712-1231  E-Mail: info@ogis-ri.co.jp


* プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。予告なしに変更する場合があります。
* Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

提供:株式会社オージス総研

アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2016年4月18日


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。