ニュース
» 2016年04月05日 20時00分 UPDATE

ブロックチェーン技術団体がAzureを採用:マイクロソフトとR3コンソーシアム、ブロックチェーン技術の実用化推進に向け戦略的提携

マイクロソフトと新興企業R3主催のコンソーシアムが、ブロックチェーン技術の実用化推進に向けた戦略的提携を結んだ。

[@IT]

 米マイクロソフトは2016年4月4日(米国時間)、ブロックチェーン技術の実用化推進に向けて、新興企業の米R3が主催する同技術に関する世界的大手金融機関のコンソーシアムと戦略的提携を結んだと発表した。

photo 提携発表を伝える公式ブログ記事より

 この発表は、米ルイジアナ州ニューオリンズで同日に開幕したマイクロソフトのカンファレンス「Microsoft Envision 2016」で、同社の事業開発担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるペギー・ジョンソン氏が行ったもの。

 分散型の仮想通貨システム「Bitcoin」で使われた「ブロックチェーン」は、現在使用されているソリューションと比べ、金融取引をより高速かつ安全に、コスト効率と透明性の高い方法で完了できる技術として、金融/通貨に限らず、さまざまな分野での応用が期待されている。

 R3は、R3コンソーシアムに加盟する40以上の金融機関にサービスを提供する「R3 Lab and Research Center」の優先クラウドプラットフォームとして、マイクロソフトが展開するパブリッククラウド「Microsoft Azure」を選定した。この提携に基づき、マイクロソフトは世界各地に設置されているR3のラボにクラウドベースのツール、サービス、インフラを提供し、R3ラボを担当する専任の技術アーキテクト、プロジェクトマネジャー、サポート担当者を置く。

 ジョンソン氏はこの提携の狙いを、「R3コンソーシアムに加盟する金融機関が取り組むブロックチェーン技術の開発、テスト、デプロイを支援する。この取り組みは、長年使用されてきたプロセスのモダナイズや、運用の効率化につながる他、バックオフィスコストを大幅に低減する可能性がある」と述べた。

 さらに、「この提携により、R3コンソーシアムの加盟金融機関はブロックチェーン技術の導入に向けて、インテリジェント技術を活用して実験・検証の速度も高め、俊敏な技術的対応を進め、学習を早めることができるようになる。クラウドプラットフォームであるMicrosoft Azureを使用するとともに、現在は45社以上となっているわれわれのBlockchain as a Serviceソリューションプロバイダーのネットワークを開発とテストに利用することが可能になる」と説明している。

photo R3のWebサイト

 R3のデビッド・ラターCEOも、「マイクロソフトとR3のパートナーシップを機にブロックチェーン技術の利用が拡大し、金融サービス業界全体の変革につながっていくだろう。Azureプラットフォームとそのインテリジェントクラウドサービスは、この新しい金融エコシステムに高度な機能をもたらす。マイクロソフトのコミットメントは、世界におけるブロックチェーン技術の導入を加速し、R3 Lab and Research Centerのサービスを新たなレベルに引き上げてくれる」と述べ、提携による技術躍進への期待とさらなるサービスレベルの向上を画策する。


特集:FinTech入門――2016年以降の金融ビジネスを拡張する技術

「Finance(金融)」と「Technology(技術)」を足した造語である「FinTech」。その旗印の下、IT技術によって金融に関わるさまざまな業務や処理を利便化し、ビジネスの拡大を図る動きが国内金融業界から大きな注目を浴びている。大手銀行からスタートアップまで「FinTech」という言葉を用い、新しいビジネスを展開するニュースが相次いでいる。言葉が氾濫する一方で、必要な技術について理解し、どのように生かすべきか戦略を立てられている企業は、まだ多くないのではないだろうか。本特集では金融業界がFinTechでビジネスを拡大するために必要な技術要件を浮き彫りにし、一つ一つ解説していく。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。