ニュース
» 2016年05月10日 12時00分 UPDATE

2020年も、Windows 7特需反動でマイナス成長予測:2016年の国内IT市場はマイナス成長予測、ハードウェア市場が低調──IDCジャパン

IDCジャパンは、2016〜2020年の国内製品別IT市場予測を発表した。2016年の国内IT市場規模は対前年比−0.4%のマイナス成長になるという。また、2020年の国内ICT市場予測も、Windows 7のサポート終了の影響でマイナス成長が見込まれる。

[@IT]

 IDCジャパンは2016年5月9日、2016〜2020年の国内製品別IT市場予測レポートを発表した。2016年の国内IT市場規模は14兆5683億円で、対前年比−0.4%のマイナス成長になるという。

 製品別に見ると、国内ハードウェア市場、国内ITサービス市場、国内パッケージソフトウェア市場予測はそれぞれ、約6兆1768億円、約5兆5003億円、約2兆8912億円。対前年比成長率は、ITサービスとパッケージソフトウェア市場については、対前年比成長率でそれぞれ2.1%、4.6%とプラス成長を見込む。

国内IT市場 前年比成長率予測: 2015年〜2020年 国内IT市場 前年比成長率予測: 2015年〜2020年(出典:IDCジャパン)

 ただし、2016年はエンタープライズネットワーク機器以外の全てのハードウェア製品市場がマイナス成長となり、国内ハードウェア市場全体の対前年成長率は−4.7%と予測される。なお、国内IT市場の2015〜2020年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は0.8%と予測されており、2020年の国内IT市場規模は約15兆2413億円まで伸長する見込みだ。

 一方、国内IT市場に国内通信サービス市場を加えた国内ICT市場まで広げると、2016年の市場規模は25兆2670億円、前年比成長率は−0.6%と見込まれ、国内ICT市場の2015〜2020年のCAGRは−0.3%。2020年の同市場規模は約25兆37億円とマイナス成長になると予測される。

 2020年のマイナス成長を予測する根拠の1つとして、IDC JapanではWindows 7のサポート終了を挙げている。2020年はオリンピック開催で景気が上向くとされるが、Windows 7のサポート終了日が2020年1月であることから、2019年のPC市場は更新需要増が予測される半面、その反動で2020年には大幅なマイナス成長になると見られている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。