ニュース
» 2016年05月11日 07時00分 UPDATE

小規模環境/開発者向けの無償配布エディションも用意:マイクロソフト、「SQL Server 2016」正式版を2016年6月1日リリース

マイクロソフトは、データベースソフトウェアの最新版「SQL Server 2016」を6月1日より一般向けに出荷開始すると発表した。

[@IT]

 米マイクロソフトは2016年5月2日(米国時間)、商用リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の最新版「Microsoft SQL Server 2016」(以下、SQL Server 2016)を同年6月1日より一般向けに出荷開始すると発表。エディション構成も明らかにした。

SQL Server 2016の特徴 SQL Server 2016は、OLTP(Online Transaction Processing:オンライントランザクション処理)パフォーマンス、データウェアハウスパフォーマンス、価格性能比、アプリケーションパフォーマンスの高さをうたう

 SQL Server 2016は「あらゆる機能をビルトインで提供する」とうたい、特に「インメモリ」「セキュリティ対策」「高度な分析」の機能が強化された。リレーショナルデータと、リレーショナルを超えた「JSON」「XML」「Hadoop」などのデータをシームレスに管理し、構造化データとHadoopデータ、オンプレミスデータとクラウドデータをそれぞれシームレスに統合できる。

 用意されるエディションは、「Enterprise」「Standard」「Express」「Developer」の4つ。Enterpriseは、SQL Server 2016の全機能を提供する大規模環境向けエディション。Standardは、強化されたパフォーマンスと基本的な可用性、最大24コアまで対応するスケーラビリティ、テーブルモデリング機能、多層防御や機密データへのアクセス制御が可能な堅牢なセキュリティ機能などを享受したい企業向けのエディション。Expressはコストをかけずにデータベースアプリケーションを構築、展開したい小規模環境に向けて無償配布されるエディション。Developerは、SQL Server 2016の全機能と共に、ミッションクリティカルなアプリケーションの構築やテストが可能な開発者向けの無償配布エディションとなる。

photo 2016年5月現在、180日間評価できるパブリックプレビュー版「SQL Server 2016 Release Candidate 3」が公開されている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。