ニュース
» 2016年05月11日 18時40分 UPDATE

WordPress、Slack、Yeoman、Visual Studio Code、Atomなどで活用:HTML、CSS、JavaScriptでデスクトップアプリを開発できるElectron 1.0、Devtron 1.0、Spectron 3.0が提供開始

Web技術を利用したクロスプラットフォームのデスクトップアプリ開発フレームワーク「Electron 1.0」がリリースされた。APIデモアプリ、検証・デバッグ用ツール、テストフレームワークも同時に公開されている。

[@IT]

 米GitHubは2016年5月11日、HTML、CSS、JavaScriptを利用したクロスプラットフォームのデスクトップアプリ開発フレームワーク「Electron 1.0」を提供開始した。

Electron 1.0(公式ブログより)

 Electronは、もともと同社がオープンソースソフトウェア(OSS)として開発していたテキストエディタ「Atom」の構築に際して開発された、OSSのフレームワーク。Node.jsとChromiumをベースにした実行環境とAPIを有している。

 現在は、「Slack」「Visual Studio Code」「Boost」「Kitematic」「Yeoman」「WordPress」のデスクトップアプリ、「Google Play Music」のデスクトッププレーヤーなど同社のプロダクト以外でも活用されている。

 同社は、1.0について「APIの安定性と成熟性における大きな転換点」「Windows、Mac、そしてLinux環境において、真にネイティブな動きと感覚を持ったアプリを作ることが可能になる」としている。

Electron APIデモアプリ

 バージョン1.0のリリースに伴い、「Electron APIデモアプリ」も新たに提供された。Electron APIの一覧を見やすくし、Electronアプリの開発方法を学びやすくするという。

Electron APIデモアプリ(公式ブログより)

Devtron 1.0

 Chrome Developer ToolsのOSS拡張機能「Devtron」も公開された。下記機能を備え、Electronアプリの検証、デバッグ、トラブルシューティングに役立つよう設計されているという。

  • 「リクワイヤグラフ」(Require graph)
    メインプロセス、レンダラープロセスの両方で、アプリの内部および外部依存ライブラリを可視化する
  • 「IPCモニター」(IPC monitor)
    アプリ内のプロセス間で送受信されたメッセージをトラッキングして表示する
  • 「イベントインスペクター」(Event inspector)
    ウィンドウ、アプリ、プロセスといったコアElectron API上のアプリに登録されたイベントおよびリスナーを表示する
  • 「アプリリンター」(App Linter)
    アプリに一般的な間違えや機能の欠落がないかをチェックする
Devtron(公式ブログより)

Spectron 3.0

 ElectronアプリのOSSテストフレームワーク「Spectron」の新たなバージョン3.0もリリースされた。

 Spectronは、さまざまなシナリオや環境においてアプリケーションの動作確認テストを素早く書けるように、Electron API全体をサポートしている。「ChromeDriver」「WebdriverIO」に基づいて開発されており、ページナビゲーションやユーザー入力、JavaScriptの実行に関するAPIを備えている。

Spectron(公式ブログより)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。