連載
» 2016年05月12日 05時00分 UPDATE

スマホで便利な環境構築手順書:RubyをWindowsにダウンロードしてインストール、アンインストールする (1/2)

本連載では、さまざまなソフトウェアのインストール、実行するためのセットアップ設定、実行確認、アンインストールの手順を解説する。今回は、Rubyとは何か、Rubyで動くツールの紹介、Rubyのインストールとアンインストールについて。Rubyプログラミングを始める参考にしてほしい。

[薬師寺国安,PROJECT KySS]

 本連載「スマホで便利な環境構築手順書」では、さまざまなソフトウェアのインストール手順や、実行するためのセットアップ設定、実行確認、アンインストールの手順を解説する。

 少しでも分かりやすくするために画面キャプチャー/スクリーンショットの画像を中心に解説を進める。スマートフォンで読む場合は、最初に出てきたスクリーンショットの画像をタップすると、左スクロールで画像を見ながら手順を追うことができるので、スマートフォンを片手に画像を確認しながら、PCで実際に操作してみる、といったこともしやすいはずだ。もちろんネットワークにつなげず、携帯電話の回線でしか見ることができない場合もぜひ読んでほしい。

 なお、インストーラーに関する基本的なことは、下記記事を参照しておいてほしい。

人気のツールを使うのに欠かせない「Ruby」とは

 今回は、Rubyのインストールとアンインストール方法について解説する。バージョンは2.3.0だ。

 Rubyとは、まつもとゆきひろ氏によって開発されたオープンソースソフトウェア(OSS)のオブジェクト指向プログラミング言語だ。Rubyで書いたプログラムは、Rubyの実行環境がインストールされているWindows、Linux、Macなど、さまざまなOSで動作させることができる。例えば、Ruby用のWebアプリケーション開発フレームワーク「Ruby on Rails」はもちろん、「fluentd」「Chef」「Capistrano」「Puppet」「Vagrant」「serverspec」「Redmine」「Sass」「Compass」「Cloud Fundry」など、さまざまなソフトウェアがある。

 今回は、このRubyのインストールとアンインストールについて解説しておこう。

本稿の環境

OS:Windows 7 Professional 32bit版+SP1

Ruby:2.3.0


Ruby 2.3.0のインストール

Ruby 2.3.0のダウンロード

 下記のURLにアクセスする。

 すると図1の画面が表示される。

RubyInstallersのダウンロードサイト 図1 RubyInstallersのダウンロードサイト

 図1の画面から、一番上にある「Ruby 2.3.0」をクリックする。

 すると、ブラウザの下に「rubyinstaller-2.3.0.exe」を実行するか、保存するか、と尋ねてくるので、今回は任意のフォルダに「名前を付けて保存」を選択した(図2)。

「rubyinstaller-2.3.0.exe」のファイルを「名前を付けて保存」にした 図2 「rubyinstaller-2.3.0.exe」のファイルを「名前を付けて保存」にした

インストーラーの起動

 では、任意のフォルダに保存しておいた「rubyinstaller-2.3.0.exe」を実行して、インストールを開始しよう。「rubyinstaller-2.3.0.exe」をダブルクリックすると、「セキュリティの警告」の画面が表示される(図3)ので、「実行」を選択する。

インストーラーを起動すると、「セキュリティの警告」画面が表示される。「実行」をクリックする 図3 インストーラーを起動すると、「セキュリティの警告」画面が表示される。「実行」をクリックする

 すると、Rubyの言語選択の画面が表示される(図4)。「OK」をクリックする。

Rubyの言語選択の画面。「OK」をクリック 図4 Rubyの言語選択の画面。「OK」をクリック

 次に、「使用許諾契約書の同意」画面が表示される。「同意する」にチェックを付けて「次へ」をクリックする(図5)。

「使用許諾契約書の同意」画面が表示された 図5 「使用許諾契約書の同意」画面が表示された

 「次へ」をクリックすると、「インストール先とオプションの指定」画面が表示される。「インストール先」はデフォルトのままにしておき、オプションの「Rubyの実行ファイルへの環境PATHを設定する」と「.rbと.rbwファイルをRubyに関連付ける」にチェックを入れておく。JREと違い、環境PATHへの設定も自動で行ってくれるので、簡単だ。

オプションの設定で下2つにチェックを入れておく 図6 オプションの設定で下2つにチェックを入れておく

 図6から「インストール」をクリックする。インストールの状況が表示される(図7)。

Rubyのインストールの状況 図7 Rubyのインストールの状況

 インストールは瞬時に終わり、「セットアップウィザードの完了」画面が表示される(図8)。

Ruby 2.3.0のセットアップが完了した 図8 Ruby 2.3.0のセットアップが完了した

 「完了」をクリックして、Rubyは無事インストールされた。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。