ニュース
» 2016年05月13日 11時00分 UPDATE

新しい軽量インストーラを用意:マイクロソフト、「Visual Studio "15" Preview 2」を公開

マイクロソフトは、「Visual Studio」の次期バージョンの最新プレビュー「Visual Studio “15” Preview 2」を公開した。

[@IT]

 米マイクロソフトは2016年5月10日(米国時間)、統合開発環境「Visual Studio」の次期バージョンの最新プレビューとなる「Visual Studio "15" Preview 2」のダウンロード配布を開始した。

photo 軽量インストーラを採用した「Visual Studio "15" Preview 2」のダウンロードサイト

 Visual Studio "15" Preview 2は、2016年4月に公開した最初のプレビューで得られたフィードバックを反映し、操作性も改良したという。新たな機能として、画面読み上げソフトウェアへのアクセスを容易にしたアカウント設定ダイアログ、フォーカスに関連する問題を追跡するのに役立つ診断機能の改善、ユニバーサルWindows 10アプリ(UWP)およびWPF(Windows Presentation Foundation)アプリ開発者に向けた機能の向上、フォルダビューでのデバッグ構成の簡易化などが挙げられる。Apache Cordova 6.1.1をサポートする「Visual Studio Tools for Apache Cordova Update 9」も搭載する。

 また、Visual Studio "15" Preview 2では、最初のプレビュー版より導入された新たな軽量インストーラも引き続き採用される。ただし、初期プレビューであることから、現時点でサポートされるのは、.NETデスクトップアプリ、C++、Unity、Pythonのみとなっている。

photo Visual Studio "15" Preview 2 の詳細情報

 マイクロソフトは、Visual Studioの次期バージョンの大きな変更の1つに、「Visual Studioがテンプレートを利用する方法が変わり、テンプレートはテンプレートマニフェストファイルで定義することが必要になる」ことを挙げている。この変更は今回のPreview 2には影響しないが、Visual Studioの次期バージョンでは、テンプレートマニフェストファイルで定義されていないテンプレートは機能しなくなる。この変更は、Visual Studioのプロジェクトテンプレートを作成するユーザーに影響するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。