連載
» 2016年05月16日 05時00分 UPDATE

田中淳子の“言葉のチカラ”(30):新人さん、いらっしゃ〜い♪――新入社員の迎え方 配属初日編 (1/3)

「出社したら部署の人が誰もいなかった」「机が用意されていなかった」――あなたの部署に配属された新入社員が張り切って働いてくれるようになるためには、こんなことをしてはダメ。では、正しい新人の迎え方とは?

[田中淳子,@IT]
田中淳子の“言葉のチカラ”
「田中淳子の“言葉のチカラ”」

連載目次

 人材育成歴30年の田中淳子さんが、人生の先輩たちから頂いた言葉の数々。時に励まし、時に慰め、時に彼女を勇気付けてきた言葉をエンジニアの皆さんにもお裾分けする本連載。

 前回は、新入社員に先輩社員が掛けるとよい言葉たちを紹介した。今回のテーマも、新入社員の迎え方。配属初日にやるべきこと、やると喜ばれることを紹介する。

 新入社員(以下、新人)の配属当日。

 「うまくやっていけるだろうか」「受け入れてもらえるだろうか」などの不安と、「いよいよ仕事をするんだ!」という期待が入り乱れた複雑な感情を胸に秘め、新人は相当ドキドキしているはずだ。

 受け入れる側の旧人(?)にとっても、新人の受け入れはハレのイベントである。

 先輩がだらしないと新人にシメシがつかないからと、勤務態度や言葉遣いの見直しが行われることもある。夜が遅くなし崩しで出社時間が緩くなっている開発現場で、「定時出社を心掛けましょう」と上司から朝礼で言われたり、「シャツはインですよ」と服装の乱れに関して人事からアナウンスが出たりする。

 受け入れる側は「多少の緊張」、配属される側は「ものすごく緊張」という状態が新人の配属日なのだ。

Welcome to our office! (画像はイメージです)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。