ニュース
» 2016年05月16日 11時00分 UPDATE

GitHub上で公開:マイクロソフト、Visual Studio 2015対応の「Macros for Visual Studio」をオープンソース化

マイクロソフトは、「Visual Studio 2015」でマクロを使えるようにする拡張機能「Macros for Visual Studio」をリリースし、コードをオープンソース化した。

[@IT]

 米マイクロソフトは2016年5月11日(米国時間)、統合開発環境「Visual Studio 2013」と「Visual Studio 2015」でマクロを使えるようにする拡張機能「Macros for Visual Studio」をリリースした。

photo 公式ブログ「The Visual Studio Blog」

 Macros for Visual Studioは、Visual Studio 2013用の「Macros for Visual Studio 2013」をアップグレードしたもの。開発者コミュニティーとのパートナーシップの一環として、Macros for Visual Studioのコードをオープンソース化した。これにより、コードの閲覧、独自の改良のほか、オープンソースプロジェクトへの改良コード寄贈などができるようになる。Macros for Visual Studioは、GitHub上でMITライセンスで公開される。

photo オープンソース化された「Macros for Visual Studio」

 Macros for Visual Studioは、Visual Studioでマクロを使って反復的なタスクを自動化するのに利用でき、開発作業の生産性向上に役立つという。テキスト編集操作を含め、Visual Studioのほとんどのコマンドの記録、再生が可能だ。一例としては、全てのファイルへのヘッダの追加、複数行のデータの整形、よくに使うコマンドのショートカット作成などを自動化できる。「Macros Explorer」の「Samples」フォルダにマクロサンプルが含まれている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。