ニュース
» 2016年05月16日 14時00分 UPDATE

早急に最新版へのアップデートを:Flash Playerに脆弱性、JPCERT/CCが注意喚起

JPCERT/CCが、Adobe Flash Playerの脆弱性に関する注意喚起情報を告知。最新版への早急なアップデートが推奨される。

[@IT]

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2016年5月13日、「Adobe Flash Playerの脆弱性(APSB16-15)に関する注意喚起」の情報を公表した。Adobe Flash Playerの該当バージョンに存在する脆弱(ぜいじゃく)性を悪用したコンテンツを開くと、リモートからAdobe Flash Playerを不正終了されたり、任意のコードを実行されたりする恐れがあるという。

 該当バージョンは以下の通り。

  1. Internet ExplorerやMozilla Firefox、Safariなどに向けた「Adobe Flash Player Desktop Runtime」のバージョン21.0.0.226とそれ以前のバージョン
  2. 「Adobe Flash Player for Google Chrome」のバージョン21.0.0.216とそれ以前
  3. Windows 10用の「Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11」のバージョン21.0.0.213とそれ以前
  4. Windows 8.1用の「Adobe Flash Player for Internet Explorer 11」のバージョン21.0.0.213とそれ以前
  5. (米アドビ システムズによる対象バージョン更新)Windows 10用の「Adobe Flash Player for Microsoft Edge and Internet Explorer 11」のバージョン21.0.0.241とそれ以前
  6. (米アドビ システムズによる対象バージョン追加)Windows 8.1用の「Adobe Flash Player for Internet Explorer 11」のバージョン21.0.0.241とそれ以前

 対策は、最新バージョンである「21.0.0.242」以降へアップデートすること。該当する旧バージョンの利用者は、早急なアップデートが推奨される。

photo 「Adobe Flash Player」最新版のダウンロードサイト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。