ニュース
» 2016年05月25日 12時00分 UPDATE

専門ベンチャー企業に出資:ソラコム、LoRaWANによるIoT広域通信サービス参入へ

ソラコムは2016年5月25日、IoT向け広域通信技術LoRaWANを使った通信サービスの提供を目指すベンチャー企業、M2B通信企画(M2B)への出資を発表した。今回の出資を機に、IoT機器の直接接続サービスにも乗り出すことになる。

[三木 泉,@IT]

 ソラコムは2016年5月25日、LoRaWANというIoT向け広域通信技術を使った通信サービスの提供を目指すベンチャー企業、M2B通信企画(M2B)への出資を発表した。出資額は非公表。

 ソラコムはこれまで、IoT機器の接続についてはNTTドコモの移動体通信網に依存してきた。様々なIoT通信規格については基本的に関与せず、ルータ/ゲートウェイでこれを吸収してもらうというのが同社のスタンスだった。

LoRaWANで、SORACOM Airによる既存サービスを補完

 今回の出資を機に、IoT機器の直接接続サービスにも乗り出すことになる。もちろん、NTTドコモのMVNOとしての立場は変わらない。LoRaWANルータは有線・無線のインターネット網経由でソラコムのパケット交換サービスにつなぐわけだが、LoRaWANルータにSORACOM SIMを搭載し、NTTドコモの移動体通信網を活用する構成も可能だ。

 ソラコムの説明によると、LoRaWANはIoT向けの通信規格の一つ。ライセンスされていない周波数帯(920MHz)を用い、通信距離は最大15kmと長く、省電力で、IoT向けの広域通信技術として最適だと同社は考えているという。

LoRaWANは、IoT機器の広域接続に適した特徴を備えているという

 同規格はIBMと半導体ベンチャーの米Semtechが開発、開発団体のLoRa Allianceにはその他シスコシステムズ、携帯通信会社Orangeなども参加している。M2Bは、LoRaWANを使った通信サービスの事業化に向けた調査・企画を進めている企業で、日本初のコントリビュータとして日本規格の策定にも関わっているという。LoRaWANの仕様策定プロセスはオープンで、このこともソラコムがLoRaWANを推進する理由の一つだという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。