ニュース
» 2016年05月26日 14時00分 UPDATE

ブロックチェーン技術の検証・導入を支援するサービスなどを提供:IBM、先進的アプリの開発・導入を支援するコンサル組織「IBM Garage」を新設

日本IBMは、先進的なアプリケーションの短期開発を支援する「IBM Garage」を日本に新設した。ブロックチェーン技術の検証・導入を支援する新たなサービスの提供も始める。

[ITmedia]

 日本IBMは2016年5月25日、モバイルやアナリティクスなどの先進的なアプリケーションの短期開発を支援するコンサルティング組織「IBM Garage(ガレージ)」を国内に設けたと発表した。

 IBM Garageは、IBMが自社の製品開発で確立したデザイン手法である「IBM Design Thinking」に加え、リーンスタートアップアジャイル開発DevOpsといった手法や、IBMがグローバルで培ってきた専門知識や知見を活用し、魅力的なアプリケーションの設計および構築の支援を目的にする組織。これまでに米国・サンフランシスコ、カナダ・トロント、英国・ロンドン、フランス・ニース、オーストラリア・メルボルンに拠点が開設されている。

photo 「IBM Garage」の紹介サイト

 IBM Garageでは、高品質なアプリケーションの短期開発を支援するサービスとして、「アイデアの共創を目的としたソリューション・デザイン・ワークショップ」(2日間)、「アイデアの検証を目的としたソリューション検証サービス」(6週間)、「アイデアの実現を目的としたソリューション開発サービス」(13週間)の3サービスを用意している。

 さらに、ブロックチェーン技術の各種業界の企業システムへの適用可能性の評価や、同技術を用いたアプリケーション開発を支援するブロックチェーンサービスの提供も行う。

 ブロックチェーンサービスでは、ブロックチェーン技術を活用する決済、証券・債券取引、資産管理、サプライチェーンなどの業務アプリケーションの設計、プロトタイプの構築、実用アプリケーションの構築と実装を支援する。また、オープンソース技術を推進し、Linux Foundationが提唱する「ハイパーレジャー(Hyperledger)」と「オープンブロックチェーン(Open Blockchain)」の利用などもサポートするという。

photo サービスの一環となる「IBM FinTechプログラム」について

 主要サービスの概要は以下の通り。

ソリューション・デザイン・ワークショップ(2日間)

 企業のアイデアの洗練、プロジェクトの優先順位の決定、イノベーションを創造するソリューションの構想と実現に向けた展開案の作成を行う。

ソリューション検証サービス(6週間)

 使いやすさを重視したUX(ユーザーエクスペリエンス)とアプリケーション画面の流れをまとめるワイヤフレームの設計、プロジェクトの実現性検証のためのプロトタイプ開発、ユーザーテストによるアイデアの検証と改善を行う。

ソリューション開発サービス(13週間)

 実用アプリケーションの設計、IBMのPaaS(Platform as a Service)「Bluemix」を活用した構築、既存システムとのAPI接続、本番環境への無停止での実装を行う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。