ニュース
» 2016年06月07日 11時00分 UPDATE

all engineer.jpがアンケート調査:「新入社員の失敗」に対する先輩社員の声、「恐れず挑戦してほしい」が多数

all engineer.jpは、「新入社員の失敗」についてアンケート調査を実施した。その結果、「失敗を一切許さない」という意見はごく少数で、「失敗を恐れず挑戦してほしい」と考えている先輩社員が多いことが分かった。

[@IT]

 新入社員は、どんな経緯でミスをしてしまうのか。また、新入社員の失敗を目の当たりにした先輩社員は、彼らのミスをどのように感じているのか。メイテックグループのエンジニア向けサイト「fabcross for エンジニア」が、エンジニア職と一般職に聞いた「新入社員の失敗」に関する調査結果を発表した。

 調査結果によると、新入社員が「大きな失敗をした」と回答した割合は、エンジニア職が2%、非エンジニア職は20%。新卒のエンジニアは、他の職種よりも比較的失敗が少ないことが分かった。

新入社員の働きぶりの評価

 新入社員の失敗は、「仕事に取り組む姿勢の甘さ」「顧客に対する失礼な言動」「受発注や請求書の書き間違い」などの回答が目立った。具体的には次の通りだ。

  • 遅刻や書類の提出日の遅れなど、任せていた仕事を期限内にやれない
  • クライアントからの電話伝言を忘れ、担当者を怒らせる寸前だった
  • 得意先との会話で、「マジッすか」を連発した
  • 種類や数量を間違えて発注してしまった
  • システムトラブルを起こす操作をした
  • 大切な書類を誤って裁断した
  • 組み立てたときに矛盾のある図面を書いた

 ただし、こうした失敗について先輩社員は「1度目の失敗はともかく、同じ失敗を2度は繰り返すべきではない」(エンジニア職で約35%)、「新入社員のうちにできるだけ失敗するべきだ。失敗を恐れず、挑戦してほしい」(同、約35%)と思っており、「一切許さない」(同、約2%)まで厳しい意見は少なかった。

新入社員の失敗に対する感想

 「新入社員が持っていてほしい能力」は、「コミュニケーション能力」(エンジニア職で65%)、「向上心・探究心」(同、51.0%)、「責任感」(同、48.5%)が上位を占めた。

新入社員が持っていてほしい能力

 調査では、「先輩社員は新人の失敗に対して寛容であり、その失敗を今後の仕事にどう生かすかを重視している」とし、新入社員の失敗は「上司・先輩のサポート不足」も原因の1つと解説している。

 なお、今回の調査期間は2016年5月18日〜24日。対象者は2015年度、部署内に新卒の新入社員が配属された技術系以外のビジネスパーソンと研究・設計・開発系のエンジニアで、400人が回答した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。