連載
» 2016年06月08日 05時00分 UPDATE

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(17):「Azure復旧サービス」が新しいポータルに統合、Azure Resource Managerにも対応 (1/2)

2016年5月より、クラシックポータルのみで提供されてきたMicrosoft Azureの「Recovery Services(復旧サービス)」が新しいAzureポータルに統合されました。新しいAzureポータルで一貫性のある、ブレード形式のUIで簡単に操作できるだけでなく、Azure Resource ManagerでデプロイされたAzure仮想マシンのバックアップにも対応しました。

[山市良,テクニカルライター]
「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

連載目次

「Azure復旧サービス」が新しいAzureポータルでも利用可能に

 2015年12月に新しい「Azureポータル」(https://portal.azure.com/)が正式リリースとなって以降、Microsoft Azureが提供する数多くのサービスが新しいAzureポータルに移行されてきました。

 以前のポータルも「クラシックポータル」(https://manage.windowsazure.com/)として引き続き利用可能ですが、新しいAzureポータルはMicrosoft Azureの新しいデプロイモデルである「Azure Resource Manager(Azureリソースマネージャー:ARM)」と、従来のデプロイモデルである「クラシック」の両方に対応しているため、新しいAzureポータルを使用することが推奨されます。ただし、新しいAzureポータルやAzure Resource Managerに対応していないサービスについては、クラシックポータルにリダイレクトされるようになっています。

 「Recovery Services(復旧サービス)」は、Microsoft Azureのさまざまなサービスの中でも、特に中小規模の企業に注目されているサービスです。しかし、これまではクラシックポータルでのみ、利用可能なサービスの1つでした(画面1)。

画面1 画面1 「Recovery Services(復旧サービス)」の「Azure Backup」および「Azure Site Recovery」はこれまで、クラシックポータルでのみ利用可能なサービスだった

 Recovery Servicesは、オンプレミスのデータやアプリケーション、Azure仮想マシンをクラウドストレージにスケジュールバックアップする「Azure Backup」と、オンプレミスの仮想マシンや物理サーバをクラウドまたはセカンダリーサイトにレプリケーション(複製)して保護するとともに、クラウドへの移行を容易にする「Azure Site Recovery」の2つのサービスで構成されます。

 Azure Backup/Azure Site Recoveryは本連載で初めて取り上げたトピックであり、その後も機能拡張をフォローアップしてきました。そして、これらのサービスがようやく2016年5月に、新しいAzureポータルに統合され、同時にAzure Resource Managerのサポートも追加されました(画面2)。

画面2 画面2 Azure Marketplaceから「Backup and Site Recovery (OMS)」を選択してコンテナを作成する

1つのコンテナでAzure BackupとAzure Site Recoveryの両方に対応

 クラシックポータルでは、Azure Backup用に「バックアップコンテナー」、Azure Site Recovery用に「Azure Site Recovery資格情報コンテナー」をそれぞれ作成する必要がありました。新しいAzureポータルに統合されたRecovery Servicesでは、「Recovery Servicesコンテナー」でAzure BackupとAzure Site Recoveryの両方をサービスできるように簡素化されています。

 新しくなったRecovery Servicesの利用を開始するには、Azure Marketplaceから「Backup and Site Recovery(OMS)」を選択してコンテナの作成を開始するか、「参照」から「Recovery Servicesコンテナー」のブレードを開いて、コンテナを作成します(画面3)。

画面3 画面3 Azure Marketplaceを使用しなくても「参照」から「Recovery Servicesコンテナー」ブレードを開き、コンテナを作成できる

 Azure Marketplaceの「Backup」や「Azure Site Recovery」、「参照」にある「Site Recoveryコンテナー」は、クラシックポータルで管理する従来のRecovery Servicesに対応したものであることに注意してください。

 なお、クラシックポータルのRecovery Servicesも利用可能です。こちらは従来通りの機能であり、構成済みのサービスを新しいAzureポータルから管理できるようにはなっていません。また、新しいAzureポータルで作成した「Recovery Servicesコンテナー」をクラシックポータルから参照、管理することもできません。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。