連載
» 2016年06月10日 05時00分 UPDATE

こっそり始めるGit/GitHub超入門(3):ポインタ嫌いでも分かるGitブランチの基本――作成、確認、切り替え、masterにマージ、削除 (2/3)

[平屋真吾,クラスメソッド]

ブランチ作成と切り替え

ブランチを新規作成・一覧表示する――git branchコマンド

 新しいブランチを作成しましょう。「git branch <新規作成するブランチ名>」コマンドを使用します。ここでは「second」という名前のブランチを新しく作ります。

$ git branch second

 再び「git branch」コマンドを使用してブランチ一覧を表示します。「second」ブランチが増えましたが、まだ「master」ブランチにいます。

$ git branch
* master
  second
図3 「second」の追加を行っただけの状態

ブランチの切り替えを行う――git checkoutコマンド

 ブランチの切り替えを行うには、「git checkout <ブランチ名>」コマンドを使用します。

$ git checkout second
Switched to branch 'second'
$ git branch
  master
* second

 「second」ブランチに切り替えることができました。

ログを確認する

 ここで再び、「git log --oneline --decorate」コマンドを実行してみます。「second」ブランチを作成して切り替えましたが、それ以降新しいコミットをしていません。そのため、現在「master」と「second」ブランチは同じコミットを指しています(2行目)。

$ git log --oneline --decorate
8a0afb3 (HEAD -> second, master) edit hello.txt
8d7430a first commit
図4 「HEAD」が「second」を指している状態 図4 「HEAD」が「second」を指している状態

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。