ニュース
» 2016年06月15日 11時00分 UPDATE

「SUSE Enterprise Storage 3」を採用:Cephベースのソフトウェア定義型ストレージ、SUSEとHPEが提供開始

SUSEとHPEは、「Ceph」を採用したソフトウェア定義型ストレージ「HPE Scalable Object Storage Solution with SUSE Enterprise Storage」の提供を開始した。

[@IT]

 米SUSEと米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)は2016年6月14日、「HPE Scalable Object Storage Solution with SUSE Enterprise Storage」の提供を開始すると発表した。

 HPE Scalable Object Storage Solution with SUSE Enterprise Storageは、オープンソースの分散ストレージ技術である「Ceph」を採用したソフトウェア定義型エンタープライズ向けストレージ。HPE製ストレージに最適化したApolloサーバと、HPEの汎用ProLiantサーバに対応する。一般的なサーバとHDDを使って、コスト効率が高く、拡張性に優れたストレージ環境を構築できるという。

 同ソリューションが採用するSUSE Enterprise Storageは、同年6月6日に発表された最新版の「SUSE Enterprise Storage 3」が組み込まれる。このバージョンではPOSIX準拠のCephファイルシステム「CephFS」が採用され、ブロックデバイスやオブジェクト、ファイルに対するアクセスを一元化できる。さらに、マルチサイトのオブジェクトレプリケーション機能によって、非同期のアクティブ/アクティブ構成のクラスタリング環境も構築できるようになった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。