ニュース
» 2016年06月16日 10時00分 UPDATE

PCの組み立てからロボット制御まで学べる:さくらインターネットら4社、子ども向けプログラミング教室の運営団体「KidsVenture」を設立

さくらインターネット、jig.jp、ナチュラルスタイル、ビットスターは、2016年6月15日、子ども向けプログラミング教室の運営団体「KidsVenture」を設立したことを発表した。教育用ワンボードコンピュータ「IchigoJam」を使用し、PCの組み立てやBASIC言語によるコーディングを教える活動をしていくという。

[濱口翔太郎,@IT]

 さくらインターネット、jig.jp、ナチュラルスタイル、ビットスターは、2016年6月15日、子供向けの電子工作とプログラミング教室を主催・運営する非営利団体「KidsVenture」を設立したと発表した。

photo KidsVenture公式サイト

 将来のIT人材不足が叫ばれる現在、日本政府は、2012年度より中学校でのプログラミング教育必修化、さらに小学校でも2020年度にプログラミング教育の必修化を検討するなど、早い段階からのIT人材の育成を推進する目的でプログラミング教育を重要視している。KidsVentureは、このような時代背景を受け、子どもに電子工作やプログラミングを学ぶ楽しさを伝え、将来10代で起業するようなIT人材を創出することが目的だという。

ALTALT 授業の様子(写真:KidsVentureのプレスリリースより)

 KidsVentureでは、まずは小学生を対象としたプログラミング教室を開催。具体的には、子ども向けワンボードコンピュータ「IchigoJam(イチゴジャム)」をはんだごてを使って組み立てる工作から、プログラミング言語「BASIC」によるゲーム作成、段ボール製ロボット「paprika」の制御プログラミングまで、ものづくりとコーディングを楽しみながら身に付けられる構成になっている。

IchigoJamの外観(写真=左)、paprikaの外観(写真=右)

 講座の受講費用は1回2000円で、現時点での参加対象は小学生のみ。開催地は東京、大阪、札幌、福岡など。今後は、対象年齢・開催地ともに幅を広げていく予定だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。