ニュース
» 2016年06月20日 13時00分 UPDATE

Gitでのソース管理をより簡略化:「Visual Studio 2015」の最新アップデートが公開、ソース管理の生産性を高める新機能を追加

米マイクロソフトは、開発ツール「Visual Studio 2015」の最新アップデートを公開。ソース管理の生産性を高める新機能を追加した。

[@IT]

 米マイクロソフトは2016年6月15日(米国時間)、開発ツール「Visual Studio 2015」の最新アップデートを公開。主にソース管理の生産性を高めるための新機能が追加された。

 追加された主な機能は以下の通り。

  • 選択した任意のホストにコードをプッシュできる「Publish」ボタンを新設
  • Gitリポジトリの容量制限を解除
  • 「Team Explorer」のChangesページ内における、コミットのワークフローを簡略化
  • コミットメッセージを入力し、「Commit All」を選択すると、全ての変更のスナップショットを保存可能に
  • ファイルのステージングとステージング解除をサポート。変更したファイルの特定のセットがコミットが可能に
  • 相互運用機能により、コマンドラインでのGit操作とTeam Explorer上での作業内容を相互に反映
Visual Studio 2015/アップデートされた機能 全ての変更をコミットする画面(写真=左) ステージングされた変更をコミットする画面(写真=右)(The Visual Studioブログより)

 Visual Studio Platform担当プログラムマネジャーのアリソン・ブコルツァウ氏は、Visual Studioの公式ブログで、今回のアップデートの意図を次のように説明している。

 「プロジェクトのソース管理は極めて重要なタスクだが、より簡略化する必要がある。今回追加した新機能は自由に拡張可能であり、各プロバイダーのニーズに合わせてカスタマイズできる。Gitはあらかじめサポートされており、Gitリポジトリの公開/ブランチや、コミットされていない変更/公開されていないコミットを監視できる」(ブコルツァウ氏)

 なお、オープンソースソフトウェアの「AnkhSVN」に対するサポートは、次回のアップデートで実装される予定となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。