Special
» 2016年06月20日 10時00分 UPDATE

Windows Server 2008/2008 R2からの移行に悩む担当者も注目:仮想化導入も簡単!Hyper-Vを有効化したWindows Server 2012 R2 Standard搭載サーバの導入にかかる時間を85%も短縮し、手順も46ステップ省略。その構成や内訳とは?

[PR/@IT]
PR

 Windows Server 2008/2008 R2のメインストリームサポート終了から1年経過した現在、サーバ環境の移行ニーズが高まっていることをご存じだろうか。キーマンズネットがIT製品導入関与者に対して行った調査によると、52.6%が2016年4月〜2017年3月を移行時期として捉えている。一方で、同調査によると、サーバ環境の移行計画については、62.4%が「まだ移行計画を立てていない」という状況だ。

 この理由としては、さまざまな要因が複雑に絡むことが推測されるが、大きく3つのポイントがあるだろう。まずは、移行にかかる「時間」だ。ビジネスを支えてきた期間が長ければ長いほど、複雑なサーバ構成となってしまい、環境を一から手動で構築し直すには時間がかかってしまう。その間に低下してしまう生産性を考えると、移行計画を立てるのは難しくなってしまうことは容易に推測できる。導入にかかる時間は少しでも削減できるに越したことはない。

 もう1つのポイントはサーバ構築における「手順の多さ」だ。前述の通り長年の積み重ねにより構成が複雑になってしまったサーバ環境は、おのずと構築し直すのにも多くの手作業を要してしまう。また、仮想化の設定含め、手順が多ければ多いほど、手作業によるヒューマンエラーが起こる可能性が高まることは避けられない。最後は、ソフトウェアに掛かる「ライセンス費用」だ。言うまでもなく、コスト削減を追求することはいかなるビジネスにおいても重要なことだろう。

 このような企業の課題を解決するべく、デルが提供するのが、マイクロソフトの OEMソフトウェアをプリインストールしたPowerEdge R730サーバだ。米国のマーケティング企業Principled Technologiesは自社のデータセンターにおいて、マイクロソフトのHyper-Vを有効にしWindows Server 2012 R2 Standardを出荷時にプリインストールしたPowerEdge R730を導入。OEMによる「ライセンス費用」の圧縮に加え、導入に掛かる時間を85%も短縮し、手順も46ステップ省略できたという。

 これらの数値はどのようなサーバ構成の下で導き出され、その内訳はどのようになっているのか。今まさにWindows Server 2008/2008 R2からの移行を検討している方は、本ホワイトペーパーで確かめてみてほしい。

Download this PDF




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2016年7月29日

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。