ニュース
» 2016年06月22日 11時00分 UPDATE

Chrome、Firefox、Operaに対する優位性をアピール:マイクロソフト、「Microsoft Edge」の省電力性の高さを示すテスト結果を公開

米マイクロソフトは、「Microsoft Edge」が競合するWebブラウザよりも省電力性が高く、長時間のWebブラウジングが可能になるとのテスト結果を公表した。

[@IT]

 米マイクロソフトは2016年6月20日(米国時間)、Windows 10デバイスで同社のブラウザ「Microsoft Edge(以下:Edge)」を使用した場合、競合ブラウザの「Google Chrome(以下:Chrome)」「Mozilla Firefox(以下:Firefox)」「Opera」よりも省電力だとするテスト結果を公表した。

 Edgeと競合ブラウザの省電力性を比較するテストは、以下の3段階に分けて実施された。

 第1段階では、実験室内で「Surface Book」を電力監視機器に接続し、各ブラウザで一般的なWebブラウジング操作を行った際の消費電力を測定。その結果、Edge、Chrome、Opera、Firefoxの順で消費電力量が少ないことが分かったという。

同一ワークロード実行時における、各ブラウザの平均消費電力(Operaは省電力モードを使用)

 第2段階では、世界中の数百万台のWindows 10デバイスから、Opera以外の3種のブラウザによるWebブラウジング時のテレメトリーデータを収集し、消費電力を測定。その結果、Edge、Firefox、Chromeの順で消費電力量が少なく、実験室でのEdge優位のテスト結果と一致した傾向が示されたという。

収集されたテレメトリーデータに基づく、各ブラウザの平均消費電力

 第3段階では、4台のSurface Bookにそれぞれ異なるブラウザをインストールして同じ動画を流し続け、バッテリーが切れるまでの時間を比較。その結果、Edge、Opera、Firefox、Chromeの順でバッテリーが持続し、かつ、Edgeは他ブラウザと比較しても約1〜3時間長く駆動していたことが分かったという。

photo YouTubeで公開されている記録映像

 一連のテスト結果を踏まえ、マイクロソフトは「Edgeは電力効率に重点を置いて設計している。特別な設定変更をしなくても、競合ブラウザよりバッテリー駆動時間が長くなることが証明された」と述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。