ニュース
» 2016年06月23日 19時30分 UPDATE

IoT/コグニティブアプリケーションの開発環境を充実:IBM、クラウドベースのプログラミングサービス「Bluemix OpenWhisk」に2つの機能を追加

米IBMは2016年6月21日、同社が提供するプログラミングサービス「Bluemix OpenWhisk」に、「Node.js」のパッケージ管理システム「NPMモジュール」と、オープンソースのフローエディタ「Node-RED」を新たに追加したことを発表した。

[@IT]

 米IBMは2016年6月21日(米国時間)、同社のPaaS(Platform as a Service)「Bluemix」上で動作するイベントベースのプログラミングサービス「Bluemix OpenWhisk(以下:OpenWhisk)」に、開発ツールの「NPMモジュール」と「Node-RED」を新たに追加したことを発表した。

photo IBMが提供するPaaS環境「Bluemix」

 今回追加されたNPMモジュールは、サーバサイドのJavaScriptである「Node.js」のパッケージ管理システムであり、同言語のコマンドライン上において、ライブラリやパッケージを確認/インストールすることを可能にする。

 また、Node-REDは、Node.js環境で動作するOSS(オープンソースソフトウェア)であり、コーディングを必要とせずにIoTアプリケーションを簡単に作ることのできるフローエディタである。

photo IBMが提供するフローエディター「Node-RED」

 これらのツールに対応したことよって、OpenWhisk上で、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)や、コグニティブコンピューティングといった高度なサービス向けのアプリケーションの作成が可能になるという。

OpenWhiskのアーキテクチャ

 また、IBMは、OpenWhiskのUI(ユーザーインタフェース)も刷新し、アプリケーションの開発環境をより充実させたという。新UIには、ワークフロー構築を補助するウィザードや、アクションのシーケンスを管理するためのエディタが含まれている。

 IBMは、今回のアップデートについて「開発者は、外部のアクションやイベントに応じてユーザーコードを自動実行するイベントドリブンアプリケーションを迅速に開発することが可能になる」と述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。