ニュース
» 2016年06月23日 21時00分 UPDATE

新機能を追加し、Stockとの連携も強化:アドビ、「Adobe Creative Cloud」シリーズの新バージョンを提供開始

米アドビ システムズは、「Adobe Creative Cloud」の新バージョンをリリースした。新バージョンでは、ロイヤリティーフリーの素材集「Adobe Stock」内のコンテンツが利用しやすくなった他、Photoshop CCを中心に新機能が追加されている。

[@IT]

 米アドビ システムズは2016年6月22日、「Adobe Creative Cloud(以下、CC)」の新バージョンを提供開始した。処理性能が向上し、新機能が加わった他、ロイヤリティーフリーの素材集「Adobe Stock」との連携機能が強化されている。

 今回のアップデートで追加された機能のうち、主要なものは以下の通り。

  • 「コンテンツに応じた切り抜き」(Photoshop CC):画像編集時にキャンバスを回転させたり、本来の形状と異なる形で拡大したりする際にできる空白部分を、自動的に適切なコンテンツで埋める機能
  • 「顔立ち調整」(Photoshop CC):顔のプロポーションを保ったまま、目や口といった顔のパーツの大きさや位置を調節できる機能
  • 「マッチフォント」(Photoshop CC):画像上のフォントを認識し、種類を特定した上で、ユーザーのPC内のフォントやAdobe Typekitで使用可能なフォントの中から候補を示す機能
  • 「Character Animator」(After Effects CC):人間のせりふや演技をアニメーションのキャラクターに同期させる機能
  • テキストエディタ「Brackets」の統合(Dreamweaver CC 2017 Beta):Dreamweaverのテキストエディタ部分を、Bracketsを取り込むことで刷新
  • 「Virtual Reality(VR)」関連機能(Adobe Premiere Pro CC):VRの編集機能と、コンテンツプレビューでVRを閲覧できる「フィールドオブビュー」を追加
Photoshop CCの「マッチフォント機能」
DreamweaverのテキストエディタがBracketsに
Adobe Premiere Pro CCの「VRビデオ設定」

 また、新バージョンではAdobe Stockとの連携強化により、CCシリーズの使用中に画像/映像素材が必要になった際、ワンクリックでAdobe StockのWebサイトから画像やビデオを取り込み、キャンバス上に配置できるという。素材が有料の場合でも、Adobe CCのアプリ内購入機能を利用して、ワンクリックでライセンスを直接購入できる。

photo Adobe CC公式サイト

 個人向けの料金体系は、LightroomとPhotoshopのみ利用可能なプランが月額980円(税別、以下同)から、PhotoshopやIllustratorを含む20種類以上のアプリケーションが利用可能なプランが月額4980円からとなっている。

 法人向けの料金体系は、選択した1つのアプリケーションのみ利用可能なプランが月額2980円から、PhotoshopやIllustratorを含む20種類以上のアプリケーションが利用可能なプランが月額6980円からとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。