ニュース
» 2016年06月30日 19時20分 UPDATE

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのPepperが、“より”かしこく:Pepper用の“接客業対応”音声認識機能を開発、横浜のホテルが利用開始

M-SOLUTIONSがソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」用に、ホテル向け音声認識機能を開発した。コンシェルジュのような役割を「きちんと」担えるようにする。

[@IT]

 M-SOLUTIONSは2016年6月30日、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」用の接客業向け音声認識機能を開発したと発表した。

photo インターコンチネンタルホテルで接客をするPepper(出典:M-SOLUTIONSのプレスリリース)

 同機能は、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルが所有するPepperに対して個別に対応したもの。同ホテルでは、フロントやレストランの混雑時に、客とコミュニケーションをとることで楽しませ、退屈や不満の緩和を目的にPepperを導入した。しかし、Pepperの標準プログラムに備わる音声認識機能だけではホテルが期待する全てのニーズは満たせなかったという。ホテルでは多くの客がPepperとさまざまな会話を試みるために、「話しかけたのに、期待する回答をしてくれない」などの不満が上がっていた。

 そこで、新たに開発された音声認識機能は、特定の単語やフレーズに対しては決まったせりふで、設定した通りにPepperが反応するようにした。例えば、「おなかがすいた」「食事」と話しかけたら、「おすすめのレストランを紹介するよ」といったように、決められた応対をするように設定できる。

photo 「Pepper」用接客業向け音声認識機能の仕組み(出典:M-SOLUTIONSのプレスリリース)

 同社は今回対応したホテル業の他、飲食店や銀行といった接客業の分野にも同じニーズがあるとし、2016年7月以降、同社が提供するPepperの動作設定アプリ「Smart at robo for Pepper」の標準機能として搭載する予定としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。