連載
» 2016年07月08日 05時00分 UPDATE

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(53):Hyper-Vホストクラスタの新機能──仮想マシンのノードフェアネス (1/3)

Windows Server 2016のフェイルオーバークラスタリングには、さまざまな新機能が搭載される予定です。今回と次回は、「Windows Server 2016 TP5」から利用可能になった、Hyper-V関連の2つの新機能を検証します。

[山市良,テクニカルライター]
「vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目」のインデックス

連載目次

Windows Server 2016のフェイルオーバークラスタリング機能

 Windows Serverのフェイルオーバークラスタリング機能は、「記憶域サービス」「Hyper-V(Hyper-Vホストクラスタ)」「ファイルサーバ(スケールアウトファイルサーバ)」「アプリケーション(SQL Serverなど)」に対して、高可用性を付加する重要なサービスです。

 Windows Server 2016のフェイルオーバークラスタリング機能には、以下に示す通り、さまざまな新機能が追加されます。

  • ローリングアップグレード本連載 第8回参照
  • クラウド監視本連載 第31回
  • 記憶域スペースダイレクト本連載 第19回第20回参照
  • 記憶域レプリカ本連載 第21回第22回参照
  • ストレージQoSポリシー:スケールアウトファイルサーバのストレージQoS(Quality of Service)をポリシーで集中管理する機能
  • サイトの識別(Site-aware):複数拠点(サイト)にまたがるストレッチクラスタにおいて、ノードの物理的なサイトを識別する機能。フェイルオーバーの動作や役割の配置、クォーラム監視の動作などでサイトを判断材料にさせることができる
  • ワークグループおよびマルチドメインクラスタのサポート本連載 第32回参照
  • Nano Serverのサポート本連載 第40回参照
  • 仮想マシンの回復性本連載 第30回参照
  • SMBマルチチャネルと複数NICのクラスタネットワークのサポート:1つのサブネットに1つのネットワークアダプター(NIC)までという従来の制限が廃止され、SMB(Server Message Block)マルチチャネルの利用やクラスタネットワークの多重化が可能になる。Windows Server 2016 Technical Preview 5(TP5)からの新機能
  • 仮想マシンのノードフェアネス:メモリやCPU使用率に基づく仮想マシンの自動的な負荷分散機能。Windows Server 2016 TP5からの新機能
  • 仮想マシンの開始順序:依存関係にある仮想マシンや仮想マシングループの開始順序を、事前の設定に基づいて制御する機能。Windows Server 2016 TP5からの新機能

 本連載ではこれまで、上記の機能をフェイルオーバークラスタリングの機能として、あるいは他の役割や機能との関連で説明してきました。今回は、Windows Server 2016 TP5で初めて追加された機能「仮想マシンのノードフェアネス(Virtual Machine Node Fairness)」をピックアップして解説します。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。