連載
» 2016年07月12日 05時00分 UPDATE

山市良のうぃんどうず日記(69):Windows 10のトラブルシューティング事例――ストアとストアアプリをポリシーで制限するには? (1/3)

Windows 8から登場したストアとストアアプリ。Pro以上のエディションではグループポリシーやローカルコンピューターポリシーで使用を制限できました。Windows 10でのポリシーによる制限がどうなっているのかをまとめました。一筋縄ではいかないところが幾つかあります。

[山市良,テクニカルライター]
「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

連載目次

ポリシーでストアアプリの起動をブロックするには?

 Windows 10 バージョン1511で「ストア(Windowsストア)」の使用を禁止するには、次のポリシーを有効にします(画面1)。

  • コンピューターの構成(またはユーザーの構成)\管理用テンプレート\Windows コンポーネント\ストア\ストア アプリケーションをオフにする

画面1 画面1 「ストア アプリケーションをオフにする」ポリシーでブロックされたストアアプリ

 このポリシーにより、ストアアプリを起動しようとすると「ストアのアプリはブロックされています ITまたはシステム管理者にお問い合わせください。」というメッセージが表示されるようになります。

Windows 10 Proではポリシーが無視される?

 実は、この「ストア アプリケーションをオフにする」ポリシーでストアアプリをブロックできるのは“Windows 10のEnterpriseとEducationだけ”になります。本来なら、Windows 10 Proでもブロックされるはずなのですが、「ブロックされないという既知の不具合」があります(画面2)。詳しくは、以下のマイクロソフトのサポート技術情報をご覧ください。

画面2 画面2 Windows 10 Proエディションでは、「ストア アプリケーションをオフにする」ポリシーでストアアプリをブロックできないという不具合がある

 この問題の回避策としては、後述する「Windowsストアからすべてのアプリを無効にする」(※)ポリシーを使用する方法があります。

【※】Windows 10が最新の状態に更新されていない場合は「Disable all apps from Windows Store」という名前です。最近のWindows Updateで日本語化されました。



       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。