ニュース
» 2016年07月12日 11時00分 UPDATE

AI訓練プラットフォーム「Project Malmo」登場:“マイクラ”使ってAI研究、マイクロソフトがGitHubで一般公開

マイクロソフトは、人気ゲーム「Minecraft」をAI研究の実験に使用できるプラットフォーム「Project Malmo」をGitHubで公開した。

[@IT]

 米マイクロソフトは2016年7月7日(米国時間)、サンドボックス型のものづくりゲーム「Minecraft」をAI(人工知能)研究に使用できるプラットフォーム「Project Malmo」をGitHubで公開した。

photo Project Malmo

 Project Malmoプラットフォームは、Java版のModと、Minecraft環境でAIエージェントに理解や行動をさせるためのコードで構成される。プログラマーは使い慣れた任意のプログラミング言語でAIのエージェントをプログラミングできる。Windows、Linux、macOS環境で動作する。

 英国ケンブリッジにあるマイクロソフトのリサーチラボで研究員を務め、Project Malmoの開発を主導するカトヤ・ホフマン氏は、「このシステムは、研究者が“強化学習”のための新しい技術やアプローチを開発するのに役立つ」と説明している。強化学習は、エージェントが試行錯誤する余地を広く与えられ、正しい決定をしたときに見返りを得ることで、タスクの処理方法を学習していくAI分野だ。

 Project Malmoでは、AIにMinecraftのゲーム内で、ツールやリソースを使ってテーブルや剣などのパーツを作る行動をさせる「ものづくり」や、「障害物を避けながら目的地に到着する」などを学ばせることが可能。将来、実生活でAIに行わせたい作業の研究促進が期待されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。