ニュース
» 2016年07月15日 18時00分 UPDATE

データ管理ソフトウェアも利用可能:ネットアップ、オールフラッシュアレイを低コストで利用できるレンタルサービスを開始

ネットアップは、オールフラッシュアレイ「NetApp All Flash FAS 8040」のレンタルサービスを開始した。レンタル期間は最大5年間。同社が提供する各種データ管理ソフトウェアも利用できる。

[@IT]

 ネットアップは2016年7月14日、オールフラッシュアレイのレンタルサービスを開始すると発表した。対象となる機種は、ミッドレンジの「NetApp All Flash FAS 8040(以下、AFF8040)」で、同年9月23日までの期間限定でレンタルの申し込みを受け付ける。レンタル期間は最大5年間を予定している。

NetApp All Flash FAS 8000シリーズのフラッシュストレージ(出典:ネットアップの製品紹介ページ)

 AFF8040はフラッシュ/ディスク/クラウド間でのスムーズなデータ移動を特徴とし、仮想デスクトップ基盤のストレージとして使用した際に、読み込み/書き込みの両方においてレイテンシの高速化を可能にするという。詳細なスペックは以下の表の通り。

●NetApp AFF8040レンタルパックの基本構成
名称 数量
SSD数 400GBのSSD×12ドライブ
物理容量 4.8TB
最大有効容量 70TB
VDI対応ユーザー数 〜2,250
NetAppのプレスリリースを基に編集部が作成

 レンタル料金は月額9万9000円(税別)から。月額料金には、同社が提供する各種データ管理ソフトウェアの利用料金も含まれる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。